蚊に刺されない方法とは?

スポンサードリンク

あなたは蚊に刺されやすい体質ですか?

夏になると、いつの間にかどこからともなくプーーンと現れ、
プクっとした腫れと、痒みを残し去っていく蚊。

ある地方では、蚊の事を『蚊んめ』と言います。
地方によっては、蚊に刺されたことを
かまれた
食われた
吸われた
くっつかれた
などと表現します。

同じ場所にいても、蚊に刺される人と刺されない人がいたり、
蚊に刺されやすい体質や原因について様々な説がありますが、
いったいどんなことで刺されやすくなるのかをまとめてみました。

蚊に刺されやすいのは偶然?必然?

蚊に刺されやすい人の要因には、
生まれ持った体質などの先天的要因と、
時間や環境などの外的要因があります。

どんな体質が蚊に刺されやすいの?

血液型がO型

蚊は人の発する分泌物で人を識別し、
中でも、O型の人の分泌物を最も好みます。

次にB型、AB型、A型の順で刺されやすく、
O型はA型の2倍刺されやすいといわれています。

一方で、血液型によって蚊に刺されやすくなるというのは
科学的には証明されておらず、
O型の血液型の人が一番蚊に刺されやすいというのは
一部の研究者による実験の結果によるものです。

体温が高い・体臭が強い・呼吸(二酸化炭素)が多い

運動後の汗のニオイ

運動後は体温が上がり、
呼吸も増え、汗をかきます。

蚊は運動後の汗に含まれる乳酸のニオイが大好きです。

足のニオイ

蚊に一番刺されやすいのは足です。
蚊は足を目指して刺しに来るので
足が一番刺されやすいといえます。

飲酒後のニオイ

飲酒をすると、呼吸が増え、
二酸化炭素の排出量が増えます。

特に、ビールを飲んだ後に
蚊が寄ってくる確率が増えるそうです。

太っている人

太っていると、汗をかきやすく、
息が上がりやすい傾向にあります。

からだの表面積も大きいので
蚊が刺しやすいのも理由です。

妊婦さん・生理中の女性

妊娠中や、生理中は体温が高く、
二割ほど呼吸が多くなります。

赤ちゃんも同じように基礎代謝が高く、
蚊に刺されやすいので、注意しましょう。

香水・化粧品のニオイ

蚊は、香水や化粧品などの香料に
寄っていく習性があります。

男の人

蚊は、女性よりも男性が好きです。
しかし、女性のお化粧のニオイも好きなので、
オネエや女装家さんは要注意です。

ストレスの無い人

ストレスのある人が出す物質を
蚊は嫌うので、
ストレスの多い人は
蚊に刺されにくいといえます。

黒色

蚊は暗い色に寄っていく習性があるので
肌の色が黒い人や、黒色の服を着ている人は
刺されやすくなります。

黒の次に好きな色は赤で、
灰色や青も蚊は好みます。

満月

米国蚊防除協会(AMCA)によると、
満月の日の蚊は
他の日の500倍ほど活発になり、
夕方と夜明けの時間帯が
特に活動的になるそうです。

蚊に好かれないようにするには?

生まれ持った体質で、
蚊に刺されやすいという人でも
蚊に刺されないようにするには、
汗をかかないようにするのが一番効果的です。

足のニオイや体臭がキツイ人は
毎日清潔に洗い、
香料を付けない生活を心掛けましょう。

蚊は特に足のニオイが好きなので
夏でも靴下を履くようにしましょう。

できるだけお水をたくさん飲むと
汗や血液もサラサラになり、
キツイ体臭も抑えられます。

蚊は臭いと色に強く反応する傾向があり、
蚊の目には、白と黒の2色しか見えていません。

濃い色を蚊は好む性質があるので、
着る服や身に付けるものは
白っぽい明るい色にしましょう。

蚊取り線香や、
虫除けスプレーをこまめに使い、
庭の雑草や、
伸びきった枝の剪定を
きちんとしておくと
蚊が住み着くのを防げます。

蚊が活動的になる夕方と明け方は
外出や窓の開閉を控えて、
蚊の発生しやすい水場の周辺には
近づかないようにしましょう。

蚊に刺されない方法とは?

息を吐くタイミング

蚊は二酸化炭素のニオイに寄って来ます。
草むらの近くなどの蚊が出やすい付近にいる時に、
身体の動きが止まっていると、息を吐いた時の
二酸化炭素のニオイに引き寄せられた蚊が
皮膚に止まりやすく、刺しやすい状況になります。
息を吐く
なので、息を吐く際には身体の動きを止めずに動き、
静止する際には息を吐かないのが
蚊に刺されないためのコツです。

薬用除菌石鹸で身体を洗う

薬用石鹸

蚊は汗などの体臭のニオイに寄ってきます。
特に足のニオイが大好きで、
汗腺の多いワキの下や、手の平や、
頭や額などもこまめに洗浄しましょう。

虫除けスプレー

蚊の嗅神経を混乱させるディート(DEET)という
化学物質配合の虫よけ剤が効果的です。
虫除けスプレー
殺虫力はなく、忌避剤として最も効果的で、
効力も長く続くといわれています。
ただし、1日に何度もたくさん使用したり、
小さいお子さんへの使用は避けましょう。

蚊取り線香

線香に蚊を退治する科学物質を練り込んだ
燻煙式の渦巻き型殺虫剤です。

屋外で使うようであれば、
煙が多く、殺虫効果の高いものを使用し、
屋内は、煙が少なく忌避効果のみで
殺虫効果のないタイプのものを使うといいでしょう。
蚊取り線香
使用する際には、金属やガラスでできた線香皿や
蚊遣器(カヤリキ)といわれる陶器でできた
受け皿を使用します。

蚊取り線香は1時間で10cm燃焼するので、
予め、使用したい時間分の長さに折って使うか、
1cmほどに折ったホッチキスの替え芯を
消したい時間の長さの部分に被せておくと自動機に消えて安心です。

周囲に燃えそうなものを置かないなど、
火の始末に注意して使いましょう。

天然アロマ

蚊などの虫が嫌う香りをもつ植物の
天然アロマを使うのも有効です。

科学物質と違って効果は穏やかですが、
キッチンや小さいお子さんやペットのいるお部屋にも
安心して使うことが出来ます。

アロマオイル

蚊が嫌いな香りの植物

  • ゼラニウム
  • レモングラス
  • シトロネラ
  • レモンユーカリ
  • ペパーミント
  • ラベンダー

使い方は、玄関や窓の近くの出入り口や、
台所や洗面所などの水回りなどの
蚊の発生しやすいポイントに
植物の鉢植えを置いたり、
ディフューザーやアロマポットに
アロマオイルを数滴落として使います。

芳香剤も市販されてますが、
アロマオイル数滴を無水エタノール10mlに混ぜて
水90mlを加えるだけで、
オリジナルの虫除けスプレーを手作りすることもできます。

作り方のコツは、
水とオイルが分離しないように、
無水エタノールとオイルをよく混ぜてから水を加えることです。

ただし、妊娠中で特に初期の場合は
アロマオイルを直接肌に塗ったり、
大量に飲んだり食べたりすると
月経を促す経通作用や
子宮収縮作用により流産の危険もあるので
使い方には気を付けましょう。

ハッカ油

お風呂に入れるとスースーとした爽快感により
涼しくなれるハッカ油ですが、
アロマオイルと同じように、無水エタノールと混ぜて
水を加えて虫除けスプレーにできます。
ハッカ油
ハッカ油の虫除けスプレー場合は、
メントールの爽やかな刺激があるので、
蚊に刺された後のかゆみ止めとしても使えます。

からだにかけるとヒンヤリするので
制汗スプレーとしての効果もあり、
蚊の大好きな汗のニオイを抑えることもできます。

肌に直接つける場合は、
肌の弱い方や、妊娠中の方は、
刺激で肌がかぶれることがあるので
ハッカ油の量を控え目にしましょう。

ハッカ油スプレーは、蚊の退治だけでなく、
布団にスプレーすればダニ退治に、
キッチンや玄関などに撒いておけば
ゴキブリの侵入も防ぐこともできます。

家中の床をこのスプレーで拭き、
エアコンのフィルターに吹き付けておけば、
ハッカの爽やかな香りのする防虫ハウスになります。

 

蚊はなぜ人を刺すの?

蚊は世界に2500種類以上いるといわれていますが、
日本には約100種類くらいの蚊が生息しており、
家蚊と藪蚊に大別されます。

その中でも、人を刺す蚊は30種類ほどで、
代表的なのは、
黒と白の縞々模様の「ヒトスジシマカ」と、
赤褐色の「アカイエカ」です。

その蚊の中でも血を吸うのはメスだけで、
産卵期に必要なタンパク質を得るために
人や動物から血液を吸います。

産卵期以外の時期や、オスや他の種類の蚊は、
普段は花の蜜や樹液を吸っているので
人を刺しません。

蚊のオスは、メスの羽音が好きで寄って行きます。

しかし、メスはオスの羽音が嫌いなので、
オスには構うことなく人間の血を求めます。

代表的な藪蚊

ヒトスジシマカ

「ヒトスジシマカ」の活動時期は5月中旬~10月下旬頃で、
黒い体に白い線がシマシマに入っているのが特徴です。

一般的に藪蚊と呼ばれており、秋田県や岩手県が北限です。

主に昼間活動し、庭先や公園や河原などに出没します。

デング熱の原因のデングウイルスを媒介することでも
知られており、今のところ
ウイルスに感染している蚊を見分ける方法も、
感染後の治療薬もないので、刺されないようにしましょう。

ネッタイシマカ

「ネッタイシマカ」の活動時期は5月中旬~10月下旬頃で、
黒い体の側面には白斑と、中胸背中央に2本の白い線が
入っているのが特徴です。

ヒトスジシマカと同じ藪蚊でデングウイルスを媒介し、
60年くらい前には沖縄や小笠原諸島で確認されていましたが、
現在では日本に生息はしていません。

しかし、飛行機などで海外から運ばれてくる可能性もあるので
空港などでは注特に意が必要です。

代表的な家蚊

アカイエカ

「アカイエカ」の活動時期は3月~11月で、
屋内を好む家蚊で、主に夜間、活動します。

夜中に寝ていると耳元でプーーンと音がして
電気を点けたら見当たらないという経験があるという方も
多いのではないでしょうか。

20時頃と朝6時頃の2回、吸血行為を盛んに行います。

冬になると、メスのアカイエカは冬眠して越冬しますが、
オスのアカイエカは寒くなると死滅します。

チカイエカ

「チカイエカ」の活動時期は1年中で冬眠をしません。

「アカイエカ」の亜種で見た目は同じですが、
吸血をしなくても一度は産卵することができ、
吸血をすれば、また繰り返し産卵できます。

気温が高い時に吸血行為をするので、
真冬でも暖かい地下鉄やビルの地下街にいて
人の血を吸う都市害虫です。

蚊は伝染病の媒介者

人間の血液は外で固まる性質があるので、
蚊が血を吸う際に唾液を出して
唾液に含まれる抗凝血作用物質により
血が固まるのを防いで血を吸いやすくします。

その唾液に対してのアレルギー反応で
刺された箇所がプクっと腫れて痒くなります。

刺される回数が多いほど、慣れて
アレルギー反応が出なくなってきます。

シニア世代になると刺されても痒くならない人も
いるそうです。

蚊に刺されると痒みのあまり
掻きむしって傷跡がシミとなり残ったりしますが、
蚊は伝染病の媒介者にもなるので注意が必要です。

日本を含む東南アジアでは、
「コガタアカイエカ」が主に日本脳炎を媒介し、
他にも、
マラリア等の原生動物病原体や、フィラリア等の線虫病原体や、
デング熱、脳炎、黄熱病、
ウエストナイル熱、チクングニア熱等のウイルス病原体を媒介します。

地球温暖化の影響で
その範囲が広くなっている問題もあり、
日本でも対策が必要です。

海外旅行者や輸入輸出が増えてきたことにより、
日本にも飛行機などであらゆるウイルスが
運ばれてくるようになりました。

デング熱ウイルス

日本に生息する蚊で、デング熱を媒介する蚊は、
ヒトスジシマカという藪蚊(ヤブカ)です。

デング熱に感染すると、急な発熱や、
全身の痛みや、だるさなどの症状が現れます。

症状は一週間ほどで軽減されますが、
デング熱には4つの型があり、
症状はどの型も同じですが、
再度、別の型に感染すると重症化する危険性があります。

デング熱の治療法はありません。

専門の治療薬や予防接種のワクチンはなく、
誤ってアスピリンを投与すると大変危険です。

デング熱ウイルスを媒介するヒトスジシマカは、
冬は、卵の状態で越冬するので、
ウイルスはその年限りとなります。

蚊はなぜ耳元にくるのか?

産卵期を迎えたメスの蚊が、
栄養価の高い人の血を求めるために、
温度やニオイを目印にします。

人が呼吸の際に排出する二酸化炭素のニオイや、
頭や額などから出る汗のニオイに蚊は引き寄せられます。


顔の周りをプーーンと飛ぶ蚊の羽根の音を
聴覚でキャッチするのは顔の近くの耳です。

衣類を顔には布団や衣類を身に付けていないので
飛んでいる蚊が肌に当たるのも触覚で感じることができます。

顔の近くを飛ぶ蚊を視覚で見ることもできます。

顔以外の部分では、
蚊は足のニオイが好きなので
足の周りにも引き寄せられますが、
足は耳から遠いので、
蚊の飛ぶ音が聞こえなかったり、
見えなかったり気付きにくいというわけです。

ハエの羽ばたきは1秒で330回くらいですが、
蚊は1秒で500~600回羽ばたきます。

周波数は350~600Hzの正弦波で
プーーンと飛んでいます。

オスとメスの音もわずかに違いがあり、
オスの音を聞き分けられれば安心です。

蚊の飛ぶ可聴音は、モスキート音といわれ、
人間は成人を過ぎると可聴音の範囲が徐々に狭まっていくので
蚊の出す高音域の羽音が聞こえにくくなり、
接近しているのに気付かず刺されやすくなります。

若い人は聞き取りやすく、キーーーンという不快音に感じることから
深夜に公園やお店の駐車場などでたむろする若者を
退散させるノーベル賞を受賞した装置もあります。

蚊の発生ポイントは?

水のあるところに蚊は産卵します。

蚊は行動範囲が狭く、
生まれた場所から半径15mくらいしか
活動しないので、
水場の周辺が蚊の発生ポイントとなります。

水場といっても河原や池だけでなく、
排水管のちょっとした水たまりなどでも
蚊は産卵しますので、
自然の無い都会でも住処にすることができます。

普段は道端の花や、草木の樹液を
食糧にしている蚊ですが、
夏になり、産卵期を迎えたメスの蚊は
タンパク質などの栄養を摂るために
人や動物の血液を求めます。

雑草が生い茂る庭先や、
ベランダや雨どいなどの屋外に限らず、
台所や洗面所やお風呂場など、
水があるところならどこでも蚊は卵を産みます。

卵からボウフラと呼ばれる幼虫になり、
さなぎになり成虫になるまでの期間は
約10日から2週間です。

水中の微生物を食糧として成長します。

 

蚊・ボウフラの天敵とは?

昆虫

トンボ(カトリヤンマ)、コオロギ、カマキリ、キリギリス、
アリ、ゴキブリ、ムシヒキアブ、ゲンゴロウ、ハサミムシ
ミズスマシ、オサムシ、ゴミムシ、ガムシ

昆虫に近い仲間

クモ、サソリ、ムカデ、ヤスデ

甲殻類

ザリガニ、サワガニ、エビ全般

両生類

カエル、カナヘビ、ヘビの子ども、
トカゲ、イモリ、ヤモリ、カメレオン

ほ乳類

人間

植物<

食虫植物(ウツボカズラなど)

魚類

メダカ、テッポウウオ、ブラックバス、ブルーギル

鳥類

ツバメ、鳥全般

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。