五月病にならないために4月中にすべきこと

スポンサードリンク

五月病とは?

五月病とは、5月のゴールデンウィークを過ぎた辺りから、
軽いうつ状態になることをいいます。

「五月病」というのは医学的病名ではなく、
この時期に同じような症状が出る人が多い事から、
その名で呼ばれています。

五月病の正しい読み方は「サツキビョウ」ではなく「ゴガツビョウ」で、
新社会人や大学生が発症することが多い現代病のひとつです。

五月病は、頑張り屋さんがなりやすい病気なので、
真面目で勤勉な日本人がなりやすく、
新生活に変わってストレスや疲労がたまり、
疲れの出やすいひと月後の5月に大型連休のある日本だからこそ
発症する人が多い病気といえます。

海外でも、五月病に似た病気で、
主に男子大学生が慢性的な無気力状態になる
スチューデント・アパシーという精神的症状があります。

本業の学業には無気力・無関心なのに、
本業以外のサークル活動やアルバイトや、
パチンコや麻雀や、恋愛行為には意欲的だったりするのが特徴です。

日本でも、「無気力症候群」とか、「アパシー・シンドローム」と呼ばれ、
学生や新社会人だけでなく、ストレスを抱える現代人が、
そのストレスから逃れるために、目の前の本業に目を背け、
他の事に夢中になり現実逃避をして自己防衛をするのです。

五月病の原因とは?

五月病になると、何となく気が滅入って仕事や勉強に集中ができなくなったり、
憂鬱な気分で眠れなくなったり、疲れやすくなったりします。

日本では、毎年4月に新年度が始まります。
それに合わせて転勤や異動や進学などにより、
周囲の環境が変わる機会が多く、
新しい職場や学校などの慣れない場所で、
緊張する日々を過ごしている人も少なくないのではないでしょうか。

新境地での新しいスタートは特にやる気がみなぎりますので、
意欲的に頑張り過ぎて、無理をし過ぎてしまったり、
周囲の人の期待に応えようと自分なりに頑張っても、
努力が足りず、新しい環境にうまく馴染めないこともあります。

慣れない状況なりにも、失敗や成功を積み重ねていき、
緊張の毎日が続く中、ストレスを溜め込んだままの
状況で、
ゴールデンウィークの大型連休を迎えると、
緊張の糸が途切れて、その反動により疲れが出て体調を崩したり、
精神状態も不安定になります。

連休明けになると、職場や学校に行きたくなくなったり、
原因不明の体や心の不調に陥るというのが五月病の特徴です。

 

 

五月病のよくある症状とは?

五月病の症状には、精神的症状肉体的症状があります。
イライラしたり落ち込んだり等の気分的なものと、
頭痛や腹痛や吐き気等、身体の不調となって表れる場合と様々です。

新年度に生活スタイルがかわって
ゴールデンウィーク明け頃から以下のような症状が出たら
五月病の可能性が高いといえるでしょう。

  • なぜかすごく疲れていて昼間は眠いのに夜になると眠れない。
  • あんなにあった食欲が急に減り、何を食べても美味しいと感じない。
  • みなぎってたはずのやる気が突如なくなり、何もかも面倒くさい。
  • 不安感や焦りが強く、あれもこれもしたいことがあるのに、その気力が出ない。
  • とにかく人との関わりが億劫で仕方が無い。

この様な状態が6月になっても続くようであれば、
五月病が原因によるうつ病の可能性もあるので、
お医者さんに相談すると良いでしょう。

五月病の対処法とは?

五月病の症状は人によって様々で
精神的な落ち込みだけでなく、肉体的な症状を伴うこともあります。

初めは疲れか風邪かと思って病院に行っても、
「適応障害」または「うつ病」と診断される事が多く、
まさか自分が精神病になるわけがないと思って、
処方された薬を飲まなかったり、その後通院しなかったり、
更に病状を悪化させてしまいがちです。

五月病をそのまま放置しておくと、
数日で自然に治ってしまうこともありますが、
数週間症状が続くと、うつ病になることもあるので、
甘くみない方がいい病気といえるでしょう。

五月病は、頑張り過ぎが原因でなるといっても、
新しい環境に馴染むために頑張らないといけないこともあるので
頑張らないでとは言えません。

生きていくうえで「頑張ること」は誰しも無限にあって上限は無く、
何一つ頑張らずに生きている人はいません。

努力して向上するのは、とても価値のある良いことで、
努力が報われた時の喜びはかけがえのない宝物です。

問題なのは、「頑張ること」ではなく「頑張りかた」で、
上手に頑張れば、無理なく努力が続けられ成長することができます。

頑張りかたが下手だと、努力ではなく我慢になってしまい、
ストレスとなり良い結果には繋がりません。

五月病にならないための一番の対処法は、上手に頑張ることです。
では、無理をせずに上手に頑張るというのはどのような方法があるのか
五月病の予防法をご紹介したいと思います。​

効率の良い時間の使い方をする

人間に与えられた1日の時間というは全ての人に平等で、
1日に24時間です。

その平等に与えられた24時間をどのように使うかによって、
未来は大きく変わってきます。

生活環境が変わる時こそ、1日の時間配分を変えるチャンスです。

上手くONとOFFのスイッチを使い分けて、
頑張る時と休む時を作り、無駄な時間は省いていきましょう。

最低限の自分がやるべき宿題はため込まないように気を付けましょう。

お金の使い方を見直す

新生活には、準備などでお金が普段よりも必要です。

新しい生活になると、想定していない出費もあることに気付きます。

お金は、いざという時に必要ということだけでなく、
お金の余裕は、心の余裕にも繋がります。
お金がナイナイと騒ぐ前に、使い方から見直しましょう。

生活を見直す

  • 睡眠

生活リズムが変わると、乱れがちになるのが睡眠時間です。

新しく勉強したいことや人付き合いが増えると、
自分主導で時間を使う事が出来ないことも増えて、
結局は睡眠時間を削ることになってしまいがちです。

しかし、睡眠時間を必要以上に削るというのは、
脳内の伝達物質に影響を及ぼし、うつ病になるリスクも高まります。

睡眠不足は身体のあらゆる不調にも繋がるので、極力避けましょう。

  • 食事

生活の仕方が変わると、食生活も変わります。

バランスの良い食生活を心掛けるのはもちろんのこと、
今までとタイムスケジュールが変わったことによって朝ごはんを食べなくなり、
夜の寝る前に暴飲暴食をするようになったという人が五月病を発症するケースが多く、
1日3食のうちの朝ごはんをきちんと食べるというのも重要です。

更に、新しい人付き合いでのストレスによる過食や拒食や、
会社で誘われたとしても過度の飲酒は急性アルコール中毒になることもあるので
お酒の飲み過ぎにはくれぐれも気を付けましょう。

  • 運動

忙しく緊張した生活が続くと、心身ともに疲れ果ててしまって、
運動不足になる傾向があります。

適度な運動は身体の健康だけでなく、ストレス解消にもなります。

また、痩せすぎや肥満の予防や改善にも繋がるので、
魅力的なボディラインを維持することができます。

人は、理想的な体型になると、ファッションなどのオシャレを楽しんだり、
人と接することにも自信が持てたりします。

運動といっても、わざわざスポーツクラブに通ったり、
サークル活動に出かけたりする必要はなく、
五月病対策に適した一番の運動は、清掃です。

清掃は、肉体を動かすのでダイエット効果があるだけでなく、
生活環境が清潔な状態だと、
精神衛生にも作用し、心が落ち着く効果があります。

掃除は面倒だし疲れるし汚いから苦手という方も多いかと思いますが、
毎日1か所ずつでも行うと、掃除をすることが日課になり、
清潔な環境を保てる人になれれば、自分だけでなく、
周囲の人の五月病予防にもなるはずです。

新生活になった人はもちろんのこと、
衣替えのシーズンでもある4月は、大掃除をするのにもいい機会です。
真冬の寒さも和らぎ、年間の中でも一番掃除のしやすい季節です。

環境だけでなく、自分の内面も外見も磨ける清掃は、
五月病の特効薬といえるのではないでしょうか。

五月病にならないためにも、新年度の4月は、
効率よく時間を使い、頑張りかたを工夫して、
今までよりも素敵な生活を心掛けていきましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。