ソファを選ぶコツと簡単なメンテナンス方法とは?

スポンサードリンク

引越したり、家族が増えたりすると、新しいソファを買う人も多いと思います。

しかし、ソファは金額的に高く、サイズも大きく処分にも困るので、安易に買うことができません。

今回は、大きな買い物であるソファ選びを後悔しないためのコツを紹介します。

失敗しないソファの選び方

ソファ選びのコツは2つあります。

1.「サイズ感を把握」

ソファのサイズは主に4つあります。

  • 1人掛け
  • 2人掛け
  • 3人掛け
  • シューズロング(カウチソファ)

※家具屋などでは、1人掛け=1P(パーソナル)ソファと表記されている場合もあります。

・1人掛け
基本サイズは幅90㎝〜100㎝程。1人暮らしの方やお部屋が6畳程度でソファを検討されてる方に最適なサイズです。

・2人掛け
基本サイズは幅140㎝〜160㎝程。販売元によっては「ラブソファ」とも表記されています。1人〜2人暮らしで、リビングスペースが8〜10畳のお部屋なら圧迫感なく使用出来ます。

・3人掛け
基本サイズは幅170㎝〜200㎝程。市場に出回っているソファの定番サイズでもあります。家族構成が3人以上で、リビングスペースが10〜12畳なら圧迫感なく使用出来ます。

・シューズロング(カウチソファ)
基本サイズは幅180〜250㎝程。さらにオットマン(足置き)が付いています。オットマンは分離型、一体型と2種類あります。来客などで、人が集まる事の多い部屋なら分離型を、ゆっくりソファでくつろぎたい人には身体を預けられる一体型をおすすめします。

ソファ購入後の失敗例『ソファが大きすぎた』

ソファを買った後によくある失敗談で、自宅には大きくて使いづらいということも。お店で見た場合と、実際に部屋に置いて見るのとでは空間の感覚が違い、想像よりも部屋のスペースがなくなってしまいがちです。サイズをしっかり確認して、購入するようにしましょう。

 

2.「種類と特徴(メリット・デメリット)を把握」

ソファの種類は主に3つあります。

  • レザー(本革)
  • 合皮(合成革)
  • ファブリック(布)

それぞれの特徴とメリットデメリットは以下のようになります。


 レザー(本革)
ソファに使われている本革は主に「牛」の革を使用しています。一般的に高級素材になるので、価格が高くなる傾向があります。牛にも「乳牛」「闘牛」などさらに分類されており、希少価値が高い革ほど価格も高くなります。

ちなみに、高級のレザーソファは希少である生後3カ月以内の「孔牛」の革を使用などしているので価格も高くなります。逆に年を重ねたり、キズの多い「牛」のレザーソファは、比較的価格も安くなる傾向があります。

『メリット』

・丈夫なので長い間使える
レザー(本革)ソファの1番の特徴は、傷に強く丈夫な事です。云うならば「天然素材商品」になるので風合いもあり、合革(合成革)の様に表面の生地がボロボロと剥げる事はありません。

・年数を重ねると「味」が出る
本革を使った製品は使い込む事で、味わいが出てきます。ソファも同様で使用するうちに表れる【スジ】や【色褪せ】が馴染んでいく事で、それが唯一無二の「柄」になります。
正に、世界に1つだけのソファとなるのでレザーソファは価格も高くなりますが、愛着も湧いてきます。

『デメリット』

・値段が高い
レザー(本革)ソファの値段はピンキリです。安いソファでも5万円〜の価格で販売されています。メリットにもある丈夫でモノ持ちは良いので、長い目で見るコストパフォーマンスは良いのですが、初期費用がかかります。


合革(合成革)
合革ソファは人工的に作られた革の事です。主に塩化ビニール(PVC)やポリウレタン(PU)で出来ています。本革に似た風合いを持ちキズにも強いですが、触り心地がザラッとしていたり、独特の匂いが特徴でもあります。

『メリット』

・価格が安い
合成革は本革に比べると比較的安く購入できます。安いモノなら1万以下で購入することができるので金銭の負担は少ないです。

『デメリット』

・寿命、劣化が早い
合成革のソファは本革に比べ、比較的寿命が短く劣化が早いです。理由は人間の掻く汗と相性が悪いためです。塩化ビニール(PVC)などの素材は汗と化学反応を起こし、ソファの表面がボロボロと剥げてしまう現象が起こります。なので、早い場合は1年で買い替えが必要になる事もあります。


ファブリック(布)
布を使用したソファはさまざまなインテリアに合わせやすく、現在は住宅のトレンドとしてメディアも注目し販売されています。デザインによってカジュアルな雰囲気やモダンな印象も表現できるので、【選ぶ】事も楽しめるソファとして人気です。

『メリット』

・種類が豊富
現在、ソファ市場の6割を布ソファが占めているので種類が豊富です。
なので、自分の部屋や好みに合わせて選ぶ事もでき、個性を演出できるのも魅力です。

・価格がピンキリなので、安く購入できる
ファブリック(布)ソファも価格はピンキリです。
特殊な染料や希少な生地を使用した場合、数十万〜と価格が高くなりますが、カジュアルで安いソファなら1万円以下で購入できるので、金銭的負担は少なく抑えれます。

『デメリット』

・キズや水に弱く、汚れが目立つ
ファブリックソファは耐久性に不安があり、キズや水に弱いです。うっかり、鍵など尖った物で引っ掛けると破れてしまったり、飲料をこぼしてしまうとシミになる事も…。長年使用すると、糸ほつれや色褪せなどの劣化が目に見えやすいので、お部屋の雰囲気を崩してしまう恐れがあります。

 

ソファを長持ちさせるにはメンテナンスが必須!

ソファを長くキレイに使うには、定期的なお手入れが大事です。それぞれメンテナンス方法がありますのでご参考下さい。

▽本革(レザー)

手入れには本革専用のクリーナーが一番向いています。ホームセンターなどでも売っているクリーナーなら簡単に手に入ります。乾いた布にクリーナーを馴染ませ、ソファを拭くだけで基本はOKです。3ヶ月〜半年を目安に定期的に拭けば、キレイにかつ、長く使えるようになります。革製品のメンテナンス専門店へお願いするのも一つの方法ですが、手間もかかるし値段もそれなりにしますので、こまめに自宅でお手入れをするようにしましょう。

▽合革(合成革)
塩化ビニール(PVC)を使用した合革も専用のクリーナーが販売されています。レザーソファのクリーナーと使い方は同じですので、定期的に拭くようにしましょう。
ここで注意点。
合成革用クリーナーの中には「酸性」が強い成分が使われている場合があります。もし酸性の強い合革用クリーナーでレザーソファを拭いてしまうと、激しい色落ちとムラが出てしまう事も…。クリーナーを使用する前には、必ず取扱説明書を確認するようにしましょう。

▽ファブリック(布)
布ソファは本体に縫い付けられた【張込み式】と、取外しのできる【カバーリング式】の2種類あります。
カバーリング式でしたら、生地の取外しができるのでドライクリーニングまたは自宅の洗濯機で洗える生地もあるので、清潔に使う事ができます。衛生面も気になる方は購入時に確認する様にしましょう。
張込み式のソファは構造上、洗うことが出来ません。なので、ファブリーズなど衣類用スプレーを吹きかけたり、水気をよく絞った布巾で拭くようにしましょう。

ソファの寿命と買換えるタイミング

ソファはどのくらいもつのかというと、一般的に「購入金額1万円=1年間使えば元が取れる」と言われています。

しかし、住宅環境や使い方によって寿命や買い換えるタイミングが変わってしまうのも事実です。同じ5万円のソファでも10年以上長く使える場合もあれば、1年以下で買い替えが必要になるケースもあるので、一概に「寿命は○年です」とは言えません。あくまで目安として参考にして下さい。

どうしても「汚したくない!」という方には、ソファカバーを被せて使うのをおすすめします。
デザインや座り心地などが薄れ楽しみは減りますが、常に清潔に使う事ができます。

 

ソファから見る、芸能人の暮らし

最近は芸能人もSNSなどで自宅の写真を公開する人が増えてきました。その中でもリビングルームはたくさん写真を公開しアップされています。トレンドの最先端を走っている芸能人が使っているソファなどを見て、自分が購入するソファの参考にしてみるのも良いですね。

<掲載されてる芸能人>

    釈由美子
    辻希美・杉浦太陽夫妻
    スザンヌ
    優木まおみ
    アンミカ
    蜷川実花
    千秋
    ローラ

参考HP

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。