図書カードを高く売る方法とお得な使い方とは?

スポンサードリンク

図書カードをできるだけ高く売る方法とは?

現金に換金できる図書カード。主に金券ショップやリサイクルショップなどで買い取って貰えます。地域や時期によって換金率は異なってきますが、相場は約95%~90%程度です。

図書カードを高く売るポイントは2つです。

  • キレイな状態である事

当たり前のことですが「汚れ」「黄ばみ」「折れ目」のあるカードの場合、価格が下がるまたは買取不可になります。

 

  • 未使用であるか

使用している=パンチ穴が開いているカードは買い取って貰えないことがほとんどです。書店で使う予定がない方は劣化する前に、早めに売りに行くのをおすすめします。

 

▽高く売れる図書カードの例

図書カードの平均の換金率はだいたい95%~90%ですが、カードによっては100%またはそれ以上の価格で売れる物もあります。

 

  • アニメ柄の図書カード

最近で言えばワンピースだったりドラえもんなどのアニメ柄はプレミアこそ付かないものの、換金率100%で買い取ってくれるお店が多いです。

 

  • アイドルの印刷されている図書カード

AKBやハロープロジェクトなどアイドル柄なども、ほぼ換金率100%の金額で買い取りしてくれます。中でもメンバーを脱退または卒業してしまった人物の図書カードなら、換金率101%以上で売れる場合もあります。逆に、広告の印刷されたものや、個人で作られた図書カードは80%~50%と換金率が低くなる傾向があります。

 

▽図書カードの売り方

図書カードを売るには、主に2つ方法があります。

 

その1:金券ショップなどの店舗へ持ち込む

近くにある金券ショップやリサイクルショップへ足を運び、買取または無料で査定してもらうことができます。店舗によって換金率が異なる場合もあるので、できるだけ高く売りたい場合は複数店のお店を回り、見積比べをしましょう。

 

その2:郵送査定をする

一部店舗では、郵送して査定サービスを実地しているお店もあります。

 

<郵送査定の手順>

  1. 郵送サービスを行なっているお店のサイトから、WEBで申し込む
  2. 後日郵送キットが送られてくるので、それを使用して図書カードを郵送する
  3. 査定後連絡があるので金額に同意の場合、振込で現金が入ります。不同意の場合は後日、郵送で返却して貰えます。

 

基本送料は無料ですが、場合によっては料金が発生する事があります。良く確認をしましょう。郵送査定は店頭査定よりも高い換金率で売れる傾向があります。各地方に店舗を構えるチェーン店なら、需要の高い店舗で扱い販売する事ができるためです。

 

また、ほとんどのお店ではHPで換金レートを公開しているので、郵送前にチェックする事ができ買取相場を知る事ができます。

 

参考HP

 

▽高価格、プレミアのついている図書カード

限定品または生産数が希少な図書カードはプレミアとなり高価格で売れます。中でも、日本のカルチャーの影響からか、アニメやゲーム柄の図書カードはプレミアがつきやすく、例として、以下のアニメ柄の図書カードはプレミア価値がついています。

 

  • セイバー・リリィ コンプティーク…買取価格 3万8,000円
  • セイバー/遠坂凛/間桐桜…買取価格2万円
  • セイバー 月刊Newtype限定品…買取価格1万6,000円

 

▽図書カードを安く買う方法

図書カードを購入するには、主に2つの方法があります。

 

パターン1 :書店で購入

今でも昔と変わらず、書店で購入することができます。大型または全国にチェーン展開している、紀伊國屋書店やTUTAYAなどで購入出来ます。しかし、全国全ての書店で図書カードの取り扱いをしている訳ではないので、購入出来ない書店もあります。

購入出来るのは、専用の図書カード読み取り機が設置されている書店のみ。なので、小規模の書店や個人で経営している町の本屋などでは、図書カード読み取り機を取り扱っていない場合もあるので、購入出来ません。ちなみに、コンビニでは販売していないのでお気をつけ下さい。

 

パターン2:金券ショップやネット通販で購入

金券ショップやネットで安く購入する事ができます。金券ショップの場合、定価より約4%引の価格で入手できるお店もあります。ネット通販ではほとんど定価で販売されていますが、+送料が発生し逆に高く付く場合があるのでご注意下さい。

その他にも、オークションなど個人での取引の場合は、交渉次第でさらに安く入手する事もできます。正規の入手方法ではありませんが、それぞれ書店で使用はできるので問題ありません。

【ネット通販】で購入するメリットは書店などに行く手間がかからないくらいなので、図書カードは現在でも実際に書店に足を運び、購入する人が多いです。

 

▽図書カードを現金のように使えるお店

図書カードは、書店で本を買うだけではなく、お店によっては本以外の物を買うこともできます。

<例>
家電量販店やスーパーの書籍・文房具売り場
TSUTAYA(CDやDVDなど一部の商品)
ゲオ(GEO)
ヴィレッジヴァンガード
アニメイト

TSUTAYAでは、図書カードで商品を購入してTポイントも付くのでお得です。逆に、古本屋やネットショップの本屋は図書カードが使えないこともあるので、図書カードが使えるお店で使ってしまうというのが一番いい方法かもしれません。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。