孫への入学祝いの相場とおすすめの贈り物【高校〜大学生編】

スポンサードリンク

孫への高校入学祝いの相場&おすすめの贈り物

お孫さんが高校入学の場合、入学祝いの相場は「3万円~5万円」

高校も、中学のお祝い金の相場と大きな金額差はありません。そのかわり、中学校入学時よりも贈り物が高品質、高価格帯になる傾向が強くなります。その理由は、中学は近所ですが高校は比較的自宅から遠い場所にあるので、自転車や電車やバスの定期券をプレゼントしたり、大学受験に向けた教材や塾の費用を祖父母が肩代わりする家庭が多いそうです。

また、公立か私立かによっても入学費や授業料などが変わってくるので、息子・娘夫婦と相談してプレゼントを決めます。高校生になったら本人専用のスマートホンやパソコンを持たせるという親も多く、小中学生時代に持っていたとしても、本人が選んだ大人向けの高機能の機種を新調するケースも少なくありません。

孫への高校入学祝い 贈り物の金額相場は「平均10万円前後」

参考記事→孫への入学祝いの相場とおすすめの贈り物【小学校〜中学校編】 

《高校入学祝い おすすめの贈り物》

1.パソコン・タブレット

最近ではパソコンまたはタブレット端末を贈る家庭が増えてきています。電子辞書よりもスペックも高く、検索スピードも早いなどの便利な点や、教育機関も教材として推奨され始め、タブレットを授業に取り入れた学校も増えてきているので、パソコン・タブレット端末は『贅沢品』ではなく、もはや『必需品』になりつつあります。

 

2.ブランド物(財布・定期入れ・腕時計など)

現代でも変わらず高校入学への贈り物で喜ばれるものとして、ブランド物の財布や定期入れ、腕時計などがあります。思春期を迎えた高校生にもなると、ほとんど価値観が形成されています。他人と比べる思考も強くなるので、品質の良い高い物が欲しくなる年齢です。後は自転車などを新調して、贈るなども多いそうです。

▽高校入学にかかる費用の相場&必要なもの

公立高校の入学にかかる費用の相場は「平均15〜20万円」
私立高校の入学にかかる費用の相場は「平均16〜25万円」

高校は義務教育ではなくなりますので、教科書など教材費はほぼ全額負担になります。さらに、私立の場合は入学金、学費などが高くなる傾向があります。

<かかる費用の内訳>

  • 制服・カバン
  • 学習教材(教科書や電卓など)
  • 部活の道具やユニフォーム

通学が遠距離の場合はバスや電車などの定期券代、状況によっては寮生活が必要なケースもあります。その際には寮の管理費や仕送りなどが必要となり、さらに負担額が増すこととなります。

 

▽公立と私立高校の入学金の差

公立…「平均16万円前後」
私立…「平均25万円前後」
※平成26年度の統計
 
私立の場合は各学校によって入学金には大きく違いがでます。地方などは比較的安く、5万円程度の私立学校もありますが、都内の1番高い私立では50万円必要な学校もあります。子供の学力も必要ですが、それに比例して親の経済力も必要だと数字が表しています。

 

▽孫への大学入学祝いの相場&おすすめの贈り物

孫への大学入学祝いの相場は「10万円~30万円」

やはり大学ともなると金額は大きく上がる傾向があります。理由としては「お金がかかることだらけだから、少しでも息子・娘夫婦負担を軽くしてあげよう」という気持ちの現れです。

大学進学には入学金や準備品…入学後は基本4年間分の授業料が必要になるので親の負担は相当なものになります。さらに、実家を離れ1人暮らしをする場合が多く、その際の引越し費用や準備金の資金にという意味も込めたお祝い金が多いそうです。

ですので、大学への入学祝いとしては現金のみで贈り物をしないというケースが大半です。


▽国立大と私立大の入学にかかる費用の差

大学の入学費用
国公立大 平均79.7万円
私立大・文系学部 平均95.9万円
私立大・理系学部 平均120万円

    
    
    

 

入学にかかる費用は私立大に進学すると、国公立大に比べて大幅にお金がかかります。


▽日本の奨学金・支援金の状況

日本では進学に必要な学費や生活費を支援してくれる奨学金制度というものがあります。

<奨学金の種類>

  • 「貸与」型・・・大学卒業後に返還する
  • 「給付」型・・・返還が不要

返還の方法、支給金額、申込資格などは団体によって異なります。

さらに申請の手続きは必要書類が多く、時間がかかります。機関によっては高校在学中に申請が必要な場合もあるので、申請予定のご家庭は早めに情報収集するようにしましょう。

<その他の奨学金制度>

「特待生制度」・・・入試で優秀な成績を修めた生徒を対象に私立大で設けている制度
「地元出身者優遇制度」・・・公立大で大学が運営している地域出身の入学者を優遇する制度

このような支援制度は学校によってまちまちなので、早めに進路を定めておくのが良いですね。その為にも、子どもとの会話、家庭内でのコミュニケーションを大事にしましょう。

参考:ベネッセ

▽実際に奨学金制度を利用した有名人/著名人

  • タレント 武井壮

東京都にある中高一貫校「修徳学園」に在籍していた武井壮は奨学金制度を利用しました。さらに、陸上の特待生として「神戸学院大」に進学した際、学校側から資金援助があったそうです。

  • 慶應義塾大学教授 中村伊知哉

高校から大学までの奨学金制度を利用しました。卒業後に公務員になりますが、返済に大変苦労したそうです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。