孫への入学祝いの相場とおすすめの贈り物【小学校〜中学校編】 

スポンサードリンク

孫の小学校入学祝いの相場&おすすめの贈り物

お孫さんが小学校入学の場合、入学祝いの相場は「2万円~5万円」

現金でのお祝いは控えめにして、贈り物にお金をかける祖父母が多いです。その理由は、小学校の入学には教材や備品など必要な物が多く、学校や自宅で使うものを息子・娘夫婦と相談して買い揃えるというもの。

例えば、学習机やランドセル、制服に体操着など…初期費用がものすごくかかります。気を遣わせない程度の現金と、学習机やランドセルなどの高額の入学準備品をプレゼントして、息子・娘夫婦の負担を助けると喜ばれる傾向があります。後は、親族で揃って食事会をしてお祝いする家庭が比較的多いです。

 

▽小学校入学にかかる費用の相場&必要なもの

小学校入学にかかる費用の相場は「15万円」ほど

<入学準備品の例>

  • 学習教材(教科書やハーモニカなど)…「約3万~5万円」
  • 学習机…「3万〜15万円」
  • ランドセル…「1万〜5万円」

制服や学習教材に関しては、地域によっては学校指定があり金額が異なりますが、だいたい5万円以内で親が買い揃えるというのが一般的です。

祖父母からのプレゼントが多いと言われる学習机もランドセルも値段はピンキリです。ランドセルに関しては、両家の祖父母同士でどちらが買うか争奪戦になるというケースも多くあります。

最近では「イオン」や「ニトリ」などの大型店舗が、オリジナル品として比較的安く販売しているので、経済的に余裕のない人にも購入しやすくなっています。一方、「ミキハウス」や「ファミリア」などの高額なブランドランドセルも需要は高く、小学校の入学式から格差社会が始まるのです。

 

▽孫の中学校入学祝いの相場&おすすめの贈り物

お孫さんが中学校入学の場合、入学祝いの相場は「3万~5万円」

中学校の入学準備品には通学用カバンや学生服など、学校指定があったりなかったりと学校によってまちまちなので、現金を多く包む傾向が強く見られます。

贈り物には、自転車や図書カードといった、お孫さん本人が使える実用品を贈ると喜ばれます。その他にも中学生になると部活動が始まります。なので、入学後に部活などで必要な道具類などを贈る家庭が多いそうです。

 

▽中学校入学にかかる費用の相場&必要なもの

中学校入学にかかる費用の相場「15万〜20万円」ほど

  • 学習教材(制服代など含む)…「5万~8万円」

基本、中学校の制服指定の地域が殆どなので、やはり小学校よりも初期費用はかかります。後は、校外学習や修学旅行などといった行事もあるため、初期費用よりも年間費用の方が小学校よりかかります。修学旅行など大金の出費になるので、入学祝いの余りなどで積立をして備えておくことをおすすめします。

 

▽息子・娘夫婦に教えてあげたい公立中学と私立中学の3年間の費用の差はどのくらい? 

  • 公立中学3年間の費用…平均 48万1841円
  • 私立中学3年間の費用…平均133万8623円

公立と私立の中学3年間の費用の差は「約85万円」。公立に比べて私立はおおよそ2.8倍の費用がかかることになります。

この公立と私立の費用の差の原因は、初期費用はもちろんのこと、入学後の学習費や教材費など私立中学の方がかさむ傾向が強いため大きく違いがでてきます。お孫さんがどちらに入学するかで、お祝い金を多めに渡すか、それとも贈り物にお金をかけるべきかの分かれ道と言えます。

参考記事→孫への入学祝いの相場とおすすめの贈り物【高校〜大学生編】

▽息子・娘夫婦に教えてあげたい日本の就学援助の状況

日本は憲法で「教育を受ける権利」があり、義務教育は憲法に規定されています。教科書などの必要最低限の備品などは無償で提供されます。しかし現代は、シングルマザーの増加や経済の不安定での所得低迷などで日本でも貧富の差があるのも事実です。給食費が払えずに滞納してしまう家庭もあり問題になっています。

その対策として各地域では「就学援助」といった援助金支援を申請すれば受ける事ができます。主に学用品費・給食費や医療費などの負担額を全額または費用の一部を、県が負担してくれる制度です。

年に1回3月末〜4月ごろに教育委員会から通知があります。認定される基準はありますが、失業した場合や、病気によって収入が落ち込んだ場合でもしっかり対応してくれます。

中学校でかかる費用の参考HPはコチラ

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。