出産入院持ち物リストになかったけど役立った物とは?  

スポンサードリンク

出産で入院する際に実際に必要だった物とは?

出産のため産院に入院する場合に、
予め産院から、自宅から用意して持っていく物をまとめた
持ち物リストが配られると思います。

入院する施設によっては、何でも揃っていて
ほとんど手ぶらでも大丈夫な場合と、
身の回りのものは全て持参しないといけない場合と様々です。

私が入院した総合病院では入院費用の中に
タオルやパジャマなどのリース代や
産褥用のパッドやインナーなどの消耗品代も含まれていたので、
持ち物といえば、退院時の母と子の服と化粧品くらいでした。

しかし、実際に入院すると何かと不便も多く、
家族や友達に頼んで後から色々と持ってきて貰いました。

これから出産で入院する人のために
持ち物リストには載ってなかったけど
入院生活で役に立った物をまとめてみました。

子供を産む時のために準備する物とは?

  • ペットボトル用シリコンストローと飲み物(麦茶・水)

100均で売られているペットボトルに装着できるストローは、
陣痛中に水分補給をするのに大変便利です。
※用意する飲み物のペットボトルのサイズに合わせて、
事前に​ストローの長さを調整しておきましょう。

  • 小さめのクッション

できれば、普段使っているお気に入りのがベストです。                                                                                                    
好きなキャラクターや動物のデザインで、
肌触り良く2~30cm位のサイズがオススメです。
辛い陣痛時や、産後の腰あてに役立ちます。        

  • おしり拭き

おしぼりや蒸しタオルを貸してくれる病院もありますが、                                                                                                    
おしり拭きは顔を拭いたり、産後の悪露を拭いたり何かと便利。 
使い切らなくても自宅に帰ってから赤ちゃんにも使えるので
妊娠中にまとめ買いしておくといいでしょう。

  • 除菌ウエットティッシュ

衛生管理はママになったら更に重要です。                                                                                                    
入院中は、食前食後などに、
ベッドテーブルやお箸などを拭くのに便利でした。

※おしり拭きや除菌ウエットティッシュの使い終わった空容器袋も、
痛みで身動きが取りづらい時にテープ蓋付きの使い捨てゴミ箱として
便利に使えたので1つは持って行く事をオススメします 。

  • 着圧ソックス

むくみ防止用の着圧タイプの靴下は是非とも履くべきです。
入院中ずっと履きっぱなしというのはよくありませんが、
毎晩就寝時だけでも履いておけばむくみがスッキリし、
静脈瘤や血栓の予防にも効果を発揮します。
むくみに良いと分かっていても、キツイから苦手という方も、
分娩時に履いておけば、血管の状態を良好に保つことができます。

  • レッグウォーマー 

産前産後はむくみも悪化しやすくなっており、
病院の中は暖かいですが、冬場だけでなく夏場もふくらはぎの冷えは禁物です。
特に産後は授乳のために水分をいつもより多くとるので余計にむくみやすく、
常時レッグウォーマーでふくらはぎを温めてあげるのが大変効果的です。

  • ご主人のトレーナー (衣類)

約1週間ほど、慣れない病院での入院生活となりますので、
ホームシックで眠れない夜もあります。
そんな時は愛するご主人の衣類を抱き締めて寝ると
自宅に居るようで落ち着きます。
他の入院患者さんのご主人がお見舞いに来ているのをみて急に寂しくなったり、
辛い陣痛を立ち会い無しで乗り越える時もなんだか安心します。
愛しく抱き締める以外にも、痛すぎて腹が立った時の八つ当たりや、
寒気がする時の防寒具としても便利に使えます。

  • 濡れマスク

特に冬場の病院は院内が乾燥していることも多く、
​産前産後は息苦しく感じる事があります。                                                                                                    
最初はマスクなんて息苦しいかもと抵抗があるかもしれませんが、
慣れると気持ちが良いし風邪の予防にもなるのでオススメです。
妊娠中には使えなかった子宮の収縮作用があると言われているハーブタイプのものでも、
出産期の病院ということであれば安心して使うことができます。
色んな香りを取り入れることによって気分転換にもなります。

  • スプーンとフォーク

病院での食事には基本的にお箸が付いてきますが、
入院中は痛みがあったり食欲の出ないことも多いので、
スプーンやフォークの方が食べやすい場合もあります。                                                                                                    
お見舞いでいただいたスイーツをいただく時にも便利です。                                                                                                    
100円ショップで売られている数本セットのプラスチックタイプのが
使い捨てもできてオススメです。

  • テニスボール

陣痛時のいきみ逃しで有名なテニスボールは
分娩室に用意されていることも多いですが、
誰がおしりに充てたかもわからないので気になる方は自分で用意しましょう。
もし分娩中に使わなかったとしても、
いずれ赤ちゃんの玩具にすれば良いと思います。

  • 予備の産褥用パンツ

産褥用の下着は、持ち物リストに入っているか
病院で用意してくれていますが、パンツは汚れやすいので
更に2~3枚予備を持って行くのをオススメします。

  • 院内用手提げ(A4)

入院中、シャワーや講座で院内を歩き回る際に
衣類や資料を持ち歩くのに簡単な手提げ袋があると便利です。

入院セットの賢い準備の仕方とは?

入院セットは多すぎても現地で邪魔になります。                                                                                                    

予め、入院時に必要なバッグと、
出産後の入院生活で必要なバッグと、
退院時に必要なバッグを3つに分けて準備しておき、                                                                                                    
経過ごとに必要なバッグを
パパやご家族に持って来てもらうのが良いでしょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。