引越し祝いの金額の相場とは?貰ったときのお返しはどうする? 

スポンサードリンク

最近の引越し祝いの相場はいくら?

家族や、仲の良いお友達が
引越しした際に渡す引越し祝いですが、    
いくらぐらいが相場なのか知っていますか?

引越し祝いについてのマナーを知って、
喜んでもらえるお祝いにしましょう。

引越し祝いは必要なのか?

最近では、引越し祝いを贈る機会が減ってきていますが、    
家族や親しい人には、
新しい門出を祝って贈ってあげたいものです。

近頃は、賃貸物件への引越しで
お祝いを渡すケースは少なくなっているようですが、
転勤による引越しや、進学、就職による引越しや、    
特に新築や新居購入の時には
お祝いを贈ると喜ばれるでしょう。

引越し祝いの相場とは?

引越し祝いを渡す時に、
まず悩むのが金額です。    

これも、引越し先が購入した新築か
賃貸かによって相場が変わってきます。

引越し先が新築で
お祝いを現金で渡す時の一般的な相場は、
新築の場合、

家族 3万~5万円 
友達 5千~1万円 

やはり、新築の場合の方には、
高額のお祝い金を贈る方が多いようです。

現金は、実際いくら頂いても困ることはありませんが、
ちょっと生々しくて・・・と思う方もいるようで、
商品券を贈ることもあります。

相手が目上の方や、
現金を贈るのに抵抗がある場合には
同等な金額の商品を贈ることもあります。

引越し祝いで人気なもの

  • 高級タオル
  • 洗剤などの消耗品
  • 酒類、食品類
  • コーヒーメーカー
  • デジタルフォトフレーム
  • 観葉植物、お花

普段の生活で使う消耗品が無難ですが、
自分では買わないような物や、
生活をリッチにさせる家電
もお勧めです。

また、受け取る側が欲しいものを選べる
カタログギフトも人気です。

観葉植物も人気がありますが、
人によってはお世話が大変なので
貰っても困るという方もいますので、
受け取る側の趣味のリサーチも大事です。

また、賃貸への引越しの場合は、
「引越し祝い」としてではなく、
お菓子やビールなどの、ちょっとした手土産を
持っていく人も多いようです。

その方が、受け取る側も
一生住む家ではない場合は特に
気を遣わなくて良いという点で好まれます。

また、新居へ移った理由として、
結婚や出産、栄転や独立、
他にお祝い事が重なった場合、
合わせてお祝いを贈ることも多く、
新生活に必要な高額な家電を
プレゼントするケースもあります。

引越し祝いを贈るような親密な仲であれば、
思い切って相手方に
「何が欲しいか」聞くというのもアリです。

「何も要らない」と言われたら
無駄なものを贈らずに、現金か商品券か
​生活に必要な消耗品か食品にしてあげるのが
ベストでしょう。

引越し祝いを貰ったらお返しはするの?

引越し祝いのお返しは、
基本的にしなくてよいとされていますが、
これはお披露目会をした場合のみです。

お披露目会へのご招待や、
食事をふるまうことでお返しとなります。 

礼儀として、来ていただいた方に
お礼の手紙を出すのを忘れないようにしましょう。

お披露目会をしない場合は、
「内祝い」としてお返しが必要になります。

お返しの相場は、
頂いた金額の1/3~1/2となります。

現金をお返しするわけにはいかないので
品物を贈りますが、お祝い同様、
消耗品や食品類を贈る方が多く、
カタログギフトも人気となっています。

引越し祝いにあげてはいけない品とは?

引越し祝いで、
贈ってはいけないものがあります。

  • 火を連想させるもの 

火は家事を表しますので、
赤い色のものなども避けましょう。

  • 壁にかけるタイプの絵や時計 

壁に穴をあけないといけなくなるので好まれません。

  • 敷くもの、履くもの、大きいもの

スリッパやマットなど、
下に敷いたり、履いたりするものもタブーです。

置物やインテリアなど、
無駄にスペースを取るものも避けましょう。

【まとめ】

引越し祝いとは、
相手の発展や繁栄を祈って贈るものと言われています。

一番大事なのは相手の幸せを祝う気持ちです。

最低限のマナーを守り、
相手のことを思って選んだものなら
喜んでもらえるでしょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。