胎児の染色体異常の早期発見を安全に行う方法とは?

スポンサードリンク

胎児ドックでわかることとは?費用・メリット・デメリットとリスク

染色体異常を確実に知る方法は、
羊水穿刺、絨毛検査です。

しかし、この方法は
子宮に針を刺すためにリスクも伴います。

その染色体異常の早期発見を安全に行えるのが、
胎児ドック(胎児超音波スクリーニング)です。

胎児ドックの検査内容や必要性を詳細にまとめました。

胎児ドック(胎児超音波スクリーニング)を受けるかどうか
迷っている方の助けになるはずです。

胎児ドックって何をするの?

胎児の診断を行う利点は、
胎児診断により胎児に病気があったとわかった時、
それに早く気づき、その後の適切な管理をすれば、
健康な子どもと同じような生活が望めることが
わかってきたからです。

胎児ドック(胎児超音波スクリーニング)とは、
エコー(超音波診断装置)を使用して、
胎児の発育、胎児の携帯異常、
へその緒の異常がないか調べます。

その検査結果をもとに、
出生前、出生後の赤ちゃんの管理や治療を適切に
行うことを目的としている検査です。

ただ、胎児ドック(胎児超音波スクリーニング)の検査内容には
基準がありませんので、検査内容は病院によって異なります。

「胎児ドック」という言葉が曖昧なまま、
独り歩きをしている状態なのです。

検査を行う病院がご自身のイメージしている胎児ドックの内容を
満たすものなのか確認が必要です。

胎児ドックはいつ受けるべきか?

胎児ドックをする時期について、
初期、中期、後期で詳しくみていきましょう。

1.初期胎児ドック(妊娠11~13週)

初期胎児ドックでは、
ダウン症など染色体異常の可能性を
チェックするのが主な検査の目的です。

エコーでマーカーをいくつかチェックと測定をして、
染色体異常のリスク(確率)を計算して出します。

初期胎児ドッグでの主な検査項目

  • NT(Nuchal Translucency)

胎児の首の後ろの皮膚の直ぐ下の黒く抜けている部分の測定。
(35mm以上の場合染色体異常や胎児の奇形、
胎児の死亡と関係があるとされている。
しかし、多くの場合消失し健常児として産まれています。)

  • 鼻骨の有無

正常な染色体の胎児で1~3%、ダウン症の胎児で60%、
18トリソミーの胎児で50%、13トリソミーの胎児で40%の
頻度で鼻骨が確認できない事があります。

  • 三尖弁逆流

心臓の右心房から右心室へ流入する弁に
逆流血液の有無を検査します。

  • 静脈管逆流

へその緒から胎児に入った血液が、
胎児の心臓に流れるようすを検査します。

胎児の約4%は逆流が確認されますが、
逆流を確認した胎児の80%は問題がありません。

ただし、染色体異常・心奇形・胎児死亡と
静脈管逆流に関連があるのは事実です。

心臓・胃の位置、横隔膜と臍部(へその部分)に
異常がないか検査します。

2.中期胎児ドック(妊娠20~27週)

妊娠25週頃がいちばん見やすいとされています。

中期胎児ドックでは、
目で分かるような体の異常「胎児外表奇形」を
チェックするのが主な検査の目的です。

中期胎児ドッグでの主な検査項目

  • 胎児の推定体重の計測
  • 羊水量の検査
  • 頭部・顔面・心臓・胸部・腹部・背骨・四肢・臍帯・性別を検査します。

3.後期胎児ドック(妊娠28週~)

中期胎児ドックの検査とほぼ同じ内容

  • 胎児の発育
  • 臍帯血流
  • 脳中大脳動脈血流
  • 羊水量の検査

注意)胎児ドック(胎児超音波スクリーニング)の検査内容に
基準がありませんので、検査内容は病院によって違います。

胎児ドックにかかる費用とは?

胎児ドック(胎児スクリーニング検査)を受けるには、
設備のある施設に予約申し込みする必要があります。

胎児ドックは保険が使えませんので、
病院それぞれの定める自費料金となります。

カウンセリング代だけで
10.000円かかる病院もあれば、
トータルで15.000円~50.000円と
病院により費用に大きな差があるので、
事前に問い合わせましょう。

胎児ドックを受けるリスクとは?

胎児ドックを受けるデメリットには
どんなことがあるのでしょうか。

第一に、
保険が使えないので費用が高額であるという事です。

胎児ドック(胎児スクリーニング検査)は、
胎児の向きや母体の肥満、胎動、羊水量によって、
確認できない場所があり、診断率が悪くなることがあります。

高額な費用をかけて胎児ドックをしても、
産まれてくる赤ちゃんのすべての異常は診断できません。

一方、胎児ドックを受ける最大のメリットは、
低酸素症の胎児や、子宮内発育不全の胎児を見つけて
生存のチャンスを与えることができるという事です。

又、
出産後に、心臓病などの専門医の治療が必要な胎児の病気を
早期に見つけられたり、
病気によっては、母親のお腹の中で胎児を治療できるという点も
大きなメリットといえます。

胎児の治療の対象疾患は、
不整脈、尿路系閉鎖症、胸水症、双胎間輸血症候群などがあります。

そして、
現代の医療で治すことのできない、
胎児死亡、難治病胎児、染色体異常を見つけることができます。

これらの場合の医療任務は、
胎児の将来を正確に説明することで、
今後の方針については両親の判断にゆだねられます。

胎児ドックは、妊娠期間を安心して過ごすために行う検査ですが、
予期せぬ結果の場合もあります。

検査を行うことに価値があると思う方、
検査の方法を理解している方、
産まれてくる赤ちゃんに対して
気持ちの準備をしておこうと考えられている方は、
受けて良い検査だと考えます。

エコーで簡単安全だから、
ただの安心材料のためという軽い気持ちで受ける方、
予想外の結果が出た場合の夫婦の話し合いができてない方は
胎児ドック(胎児スクリーニング検査)を受けるべきでは
ないのかもしれません。

【まとめ】

妊娠期間を安心して過ごすために
胎児ドックを行うというのも、理由の1つになりますが、
万が一胎児に異常があった場合の医療の進め方、
胎児への対応、またご両親が産まれてくる赤ちゃんを迎える
心の準備にも大変有効な検査ではないでしょうか。

しかし、検査結果は100%ではないことも
頭に入れておいてください。

「検査は受けない」「なぜ受ける必要があるのか」
「検査結果が出た後はどうするのか」など
夫婦でよく話し合ってから、検査を受けましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。