会社に副業がばれずに済む確定申告とは?

スポンサードリンク

副業が会社にばれずに確定申告する方法

私は普段、旦那さまの会社を手伝いながら、他にいくつか副業をしています。
毎年確定申告の際には、給与を貰っている全ての副業先から源泉徴収票を貰い、
旦那さまの扶養として、会社の方で年末調整をしてもらっています。

しかし、今回の確定申告は、私の分の書類がどうしても期日に間に合わず、
会社の年末調整で行うことが出来なかったので、直接自分でやることになりました。

・・ってことは、会社や旦那さまに昨年分の副業分については知られないで済むの?と思っていたら、
翌年会社にくる住民税で、副業をしたということはわかってしまうそうです。

女って男が思っている以上にお金が必要なんです。

特にやましい事や、隠し事がある訳じゃないけど、
旦那さまに秘密のヘソクリがないと、いざという時に困るのは、男よりも女だし、
大事な家族を支えるためにも上手に稼ぎたいと思っている人は多いはずです。

では、どうすれば会社に副業がばれずに済むかというと、
住民税は、前年の所得に応じて金額が変わります。
給与分よりも金額が多い人は、副業をしている事が会社にわかってしまう仕組みです。
それを防ぐために、副業分の申告は会社の年末調整では行わずに、自分で別に申告するのですが、
その際に、確定申告書「第二表の右下にある、住民税・事業税に関する事項の中の、
給与所得以外の住民税の徴収方法の選択の、自分で納付(普通徴収)をチェックしましょう。
そうすることによって、住民税は「特別徴収」として会社から天引きされずに、
副業分だけは会社に通知されることなく自分の家にくるようになります。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。