引越した時の郵便物の転居届を簡単に出す方法とは?

スポンサードリンク

転居には欠かせない郵便物の手続きとは?

引っ越した時に、
旧住所にきた郵便物を、
新しい住所に転送したいと
思う人も多いのではないでしょうか。

郵便局には「転居届」というサービスがあり、
届を提出する事によって、
旧住所に着た「転送不要」以外の郵便物を
新住所に転送してくれます。

転居届の手続きをしたくても、
引越しの時ってバタバタ忙しくて
なかなか郵便局に行くことが出来ず、
郵送の申し込み用紙も
取りに行くことも送る事も大変ですよね。

そんな方のために、
インターネットで自宅で簡単に
申し込みする方法があるのはご存知でしょうか?

自宅のパソコンや、スマホからでも
誰でも簡単に申し込むことができます。

郵便物の転送期間は1年間で、
1年を過ぎると差出人に返還されます。

転送期間を延長したい場合は再度提出すれば
また1年間転送してくれます。

家族6人まで1度に申し込む事ができて、
引っ越した後はもちろん、
引っ越す前でも申請することが可能です。

私も転居に伴い、
転送届をWEBから申し込んでみました。

郵便局の転送届をインターネットで申込みする方法とは?

1.WEBの検索窓に「ウェルカムタウン」と入力します。

 

又はhttps://welcometown.post.japanpost.jp/etn/にアクセスアクセスします。

2.「e転居のお申し込みはこちらから」というボタンを押す。

 

 

利用確認に同意して、名前とメールアドレスを入力する。

3.入力したアドレス宛にメールが届くので、
記載の「e転居」転居受付URLへ進み、
旧住所と新住所を入力します。

 

 

 

 

 

 

もし、結婚などで転居先の苗字と異なる場合は、
新住所の様方の欄に新しい苗字を入れておきましょう。

4.次に進み、転居する家族の全員の名前を入力し、
引っ越す日、つまり転送を開始する日付を入れます。

5.次に進み、届出者の電話番号を入力します。

6.入力した携帯電話番号から
転居届受付センター(0570-066-880)へ電話をかけます。

自動音声の指示に従い、
メールに記載された6けたの確認番号を入力してください。

その番号に間違いがなければ 1を押して、
自動音声終了後に、「申請登録」ボタンを押してください。

これで転送届の申し込みは完了です。

エラーが出てしまった場合は?

もし、「申請登録」ボタンを押しても、
このようなエラーメッセージが出てくる場合は、
もう一度はじめからやり直すか、郵便局に行って
手続きをして下さい。

 

 

 

 

郵便局に行けば、郵送用の書類も置いてあるので、
パソコンの操作が苦手という方には
そちらの方がオススメです。

申込み内容を確認したい時は?

転居届を申し込んで半年過ぎていなければ、
内容をWEBで確認することができます。

1.ウェルカムタウンのトップページにある、
「転居届受付状況の確認はこちらから」ボタンを押す。

2.半角英数字10桁の転居届受付番号を入力します。

転居届受付番号とは、 
インターネットで申し込んだe転居の場合は
受付完了時のメールに記載されている番号で、
郵便局の窓口や郵送での申込みの場合は
お客様控の右上に記載されている番号です。

引っ越すと、住所が変わります。

郵便局の転送サービスを利用して、
あらゆる住所変更手続きを進めていきましょう。

引越しのご挨拶の相場とは?いつ誰に何を持っていくの?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。