盛り塩の使用期限と効果のある正しい方法とは?

スポンサードリンク

正式な盛り塩のやり方とは?

決まりを守って取り組めば
浄化力があると言われている盛り塩ですが、
その効果期間がとても短いということが
盛り塩の難点でもあります。

また、塩の交換のタイミングを忘れると
逆効果になってしまうこともあります。

盛り塩を始めたい方はぜひ
「盛り塩のルール」を
確認しておきましょう。

盛り塩の意味と置き場所とは?

盛り塩って何?

盛り塩(もりしお・もりじお)とは、
塩をお皿の上に円錐や三角錐に盛り、
家の中や玄関先に置いて縁起を担いだり
厄除けにしたりする日本古来からある風習です。

盛り塩がなぜ置いてあるのか、
その始まりはいつだったのでしょうか。

盛り塩の起源として言い伝えられているのは、
「秦の始皇帝」のお話が有名です。

秦の始皇帝には、三千人ともいわれていた
大勢の“お妾(おめかけ)”がいたそうです。

この時代は、通い婚が習わしとされていたので、
大勢のお妾の中からどの家を訪ねるのか選ぶのも一苦労でした。

そこで始皇帝は、乗っていた牛車が止まった家を
訪れることにしたのです。

お妾の中にとても賢い妾がおりました。

その妾は、牛の好きな“塩”置いておけば
牛が止まるのではないかと考え、
戸口に塩を盛り置いておきました。

すると思った通り、
牛はこの妾の家の前で止まり
動こうとはしませんでした。

そのため、
この妾は始皇帝を独占することが出来たのです。

やがて溺愛されるようになった妾は、
御世継ぎまで宿ったというお話です。

いつしかこの話が日本に伝わり、
盛り塩は「お客を呼び寄せる」「福を呼びこむ」と
言われるようになりました。

このことから、
盛り塩には“福を招くおまじない”として
商売繁盛の縁担ぎとされるようになりました。

日本の神道では、塩の持つ力として
けがれを払い清めると考えられており、
祭壇にお供えする神饌(神様にお供えする飲食物)に
盛り塩が用いられていたことや、
黄泉の国(死者の国)から戻った
伊邪那岐命が穢れを払うため、海水で体を洗い、
身を清めた、と故事に残っております。

その他でも塩が数多く利用されています。

塩は、生の肉から血や湿気を取り除き
乾燥させるという働きがあります。

そのため、
エジプトのミイラ作りにも塩が使われています。

旧約聖書のなかでは、
神と人との不変の誓いを「塩の契約」と表し、
「塩=神聖」なものとしています。

儀式で用いられる「聖水」にも塩が使用されています。

また、相撲は神道と深いかかわりがあるため、
神聖な土俵を清めるために力士が塩を巻くのです。

盛り塩の由来ははっきりとしませんが、
世界中の人達が「塩」というものに浄化作用や
防腐作用があると信じていたことは間違いありません。

盛り塩はどこに置くの?

現在の日本人の生活の中にある
盛り塩を置く場所についてご紹介します。

家の外で盛り塩

  • 土地・家

土地や家を清め、邪気や邪念を浄化し、
元々土地や家が持つパワーを引き出します。

家の中で盛り塩

  • 玄関

外からのマイナスエネルギーを払い落とし、
家に幸運が入り込みます。

  • 部屋の四隅

居心地の悪い部屋が快適な部屋に代わります。

  • トイレ

健康運が上がります。

  • 台所

キッチンのパワーがupし、
その家の主婦が健康になります。

  • 浴室

体に付いた厄を払い、
ストレスも洗い流してくれます。

  • 洗面所

家のもめごとが解消されます。
洗濯の時一つまみの塩を入れると
洗濯物の厄払いが出来ます。

  • 子ども部屋

集中力が上がり、
成績も上がるといわれています。

  • お店の入り口の盛り塩

お客さんを招く縁起担ぎの効果があると
いわれています。

キレイな盛り塩の作り方と置き方とは?

盛り塩を置いて縁起担ぎや厄除け、
またはお供え物として使用するときの
美しい盛り塩の作り方や、
盛り塩に関する決まり事を紹介します。

用意するもの

粗塩
精製されていないのでミネラルを含んでいます。

霧吹き
塩がくずれないよう湿らせるため。


直径5cm、陶器、白色で無地の丸い小皿。

円錐形の型
丸められる程度の厚紙に円(直径10cm)を書き、
その円を半分に切ります。
円の中心点を頂点にするように丸めると円錐形になります。

また、インターネットなどで
盛り塩が簡単に作れる一式揃ったセットも
販売されているので、
初心者の方は購入してみてはいかがでしょうか?

キレイな盛り塩の作り方

  1. 塩(10g)を、
    霧吹きで軽く湿らせておきます。
     
  2. 型に入れて、
    小皿に盛れば出来上がりです。

盛り塩を置く場所

  • 家の玄関・店舗や事務所の入口

玄関(入口)の内側、外側の
どちらにおいても構いません。

両サイドに2か所置いてください。

  • 部屋

部屋の四隅に置いてください。

机の隅に置いてください。
パソコンのモニタ―横に置いておくと良いです。

  • キッチン

シンク・コンロ・電子レンジの近くに置いてください。

  • トイレ・風呂

邪魔にならない、水のかからない場所に置いて下さい。

  • 土地と家

戸建て住宅なら土地の四隅と、
家の四隅に置いて下さい。

不定形の土地の場合は
四角く囲った想定ラインを算出して、
出来るだけその場所に置きます。
不定形の建物も同様です。

盛り塩に使用期限ってあるの?

交換方法と処分方法とは?

盛り塩を置いたのはいいけれど、
この後どうすればよいのか分らない方も
いらっしゃるはずです。

交換時期と処分方法の紹介と、
その時期に交換できなかった場合に
どのような方法があるのか紹介します。

盛り塩の交換について

盛り塩の交換は
3~7日程度間に一度(最低月2回交換)
湿気の多い場所は毎日交換しても良いです。

ただし、午前2時~2時30分の
丑三つ時には交換しないでください。

盛り塩の処分

盛り塩は、その盛り塩を
使った場所で処分するのが
一番良いとされています。

ごみ箱に捨てる、水に流す、
庭に撒くのがいいでしょう。

決して食用には使用しないでください。

盛り塩の交換を1ヵ月以上も忘れてしまったら、
思い出したときに直ぐに交換してください。

ですが、厄を吸いとった塩は、
そのまま放置していると、
吸い取った物を今度は放出するのです。

盛った塩を交換することを忘れてしまうほど忙しい、
面倒くさがり、飽きっぽい、そんな方は
盛り塩を置いておかない事が1番良い方法です。

【まとめ】

身近にあるもので、気軽に始められる盛り塩。

塩には厄を祓い清めてくれる、
そしてパワーもくれる作用があります。

特別な時の盛り塩ではなく、
毎日の日常生活にぜひ取り入れていきたいものです。

決して盛り塩をやりっぱなしにしない
この1点だけは守ってください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。