後悔しないバースプランとは?やって良かったおすすめ出産シーンは?

スポンサードリンク

バースプランは必要なの?

バースプランをご存知ですか?

バースプランは、
陣痛~出産・退院までの
自分が望む理想の出産に近づけるための希望書です。

人生の中で、そう何度も経験できない出産のシーンに
悔いを残さないために、「あんなこと」「こんなこと」
いろいろな立場の妊婦さんが、
理想のバースプランが書けるようにお手伝いします。

バースプランの意味とは?

バースプランとは、
直訳すると、出産計画です。

しかし出産は、
計画通りにいくものではありません。

バースプランは、どのようなお産を望んでいるか、
出産後の過ごし方や入院中にして欲しいことなど、
出産~退院までの自分の希望や考え方を伝える方法です。

バースプラン(出産計画)を考える利点と欠点とは?

利点(メリット)

バースプランを作るメリットは3つあります。

1.出産について家族と話し合える

出産について家族と話し合い、
相手が出産をどのように考えているかを確認できます。

すでに子どものいる家庭では、
新しい家族が増える事に対する心構えの機会が持てます。

2.医療関係者との話し合いで生まれる信頼関係

医師、助産師や周りのスタッフと
自分がどのような出産をしたいのか、
出産後はどう過ごしたいかなどを話し
コミュニケ―ションが取れます。

そこで、信頼関係が築き上げられ、
自分の理想の出産へ近づけます。

3.出産に関する知識が高まる

どのような出産を希望するかを考えたときに、
陣痛が始まったら、出産の方法、
出産後は赤ちゃんとどう過ごす?などを調べ始めると
どんどん出産に関する知識も増えるため、
出産に対するイメージが具体化できます。

欠点(デメリット)

バースプランを作るデメリットはありませんが、
その内容によってはデメリットになる場合もあります。

例えば、
和痛分娩(無痛分娩)を希望していたとします。

しかし、現在通院中の病院では
和痛分娩(無痛分娩)を行っていないとすると、
転院もしくは自分の希望を断念することになります。

例えば、
出産後ゆっくり過ごしたいから、
夜は赤ちゃんを預かって欲しいと希望していたとします。

しかし、ちょっと強引な助産師さんが
「飲ませないと母乳がでないわよ!」
そう言って結局ずっと赤ちゃんと一緒だった、
なんてこともあります。

つまりバースプラン通りには行かないこともあるのが
デメリットです。

おすすめバースプラン記入例

みんなはどんなバースプランを計画しているのか、
おすすめ出産シーンを場面ごとにまとめてみました。

陣痛中

  • 陣痛の痛みを逃す「ヒッヒッフー」を横で一緒にやって欲しい。
  • 好きな音楽を流して、大声で歌いたい。
  • 大好きなクッションを持ち込んで、自分が楽だと思う姿勢で過ごしたい。
  • 陣痛の合間にシャワーをしたい。
  • 陣痛促進剤は使わないで欲しい。
  • 夫に呼吸法できるように教えて欲しい
  • 眠い時は寝ていたい
  • お菓子を持ちこんで、合間に食べたい
  • 食事がしたい
  • 助産師さんにずっと隣にいて欲しい
  • できればウロウロ歩き回りたい
  • 痛い時には大きな声を出したい
  • お母さんに腰をさすってもらいたい
  • 会陰部の毛を剃らないでほしい
  • バランスボールにしがみ付いて痛みを逃したい
  • 何があっても義母たけは陣痛室に入れないでほしい
  • 夫以外は部屋に入れないでほしい
  • 赤ちゃんがうんちまみれは嫌なので、浣腸でスッキリさせておいてほしい
  • どうしていいかわからに夫に声をかけて欲しい
  • 仲の良い友達に手を握っていてもらいたい
  • 薄暗い部屋がいい
  • 陣痛促進剤を使ってお産をどんどん進めたい
  • テレビを見ながら過ごしたい
  • 余裕があればお産まで「○○なう」ツイートしたい
  • マッサージの仕方を夫に指導してほしい
  • 陣痛室で一人きりにしないでほしい
  • 陣痛が楽になる方法があるなら教えて欲しい

出産中

  • 主人の立会出産を希望
  • 主人には立ち会って欲しいけれど、直接生まれる部分は見られたくない
  • 和痛分娩(無痛分娩)で出産したい
  • 会陰切開はしないでほしいが、裂けるぐらいならして欲しい
  • 胎盤が見てみたい
  • 赤ちゃんが産まれたらすぐに胸の上に乗せて欲しい
  • メガネをかけたまま出産に臨みたい
  • 生まれる瞬間をビデオに納めたい安全に産ませてくれることを最優先します
  • いきむの上手だね、順調に進んでいるよと言ってもらいたい
  • お産の進行具合を教えて欲しい
  • 会陰切開はしないでほしいが、裂けるぐらいならして欲しい
  • 生まれる瞬間をビデオに納めたい
  • 上の子供を立ち会わせたい
  • 夫以外は入室させないでほしい
  • 仰向けではなく横向きで出産したい
  • 自分で出産の瞬間がみたいから鏡を置いておきたい
  • 立会出産は希望しません
  • いきまずに出産したい
  • いきむとき肛門を抑えて欲しい
  • 会陰切開の時は「切ります」と教えて欲しい
  • ソフロロジー法で出産したい
  • ヒプノバーシング「催眠出産」をしたい
  • 夫のいるときに産めるよう計画分娩にしたい
  • 帝王切開でも立会出産を希望
  • 途中で予測しない事態がおこっても「大丈夫よ、先生慣れているから」と声をかけて欲しい

出産直後

  • 一番に夫に赤ちゃんを抱かせたい
  • 赤ちゃんが産まれたらすぐに胸の上に乗せて欲しい
  • 帝王切開でもカンガルーケアをしたい
  • 帝王切開の傷が痛むときは痛み止めをどんどん飲みたい
  • 出なくても産まれてすぐに、おっぱいを口に含ませたい
  • 赤ちゃんの産声を録音しておきたい
  • 産まれてすぐ記念撮影したい
  • 赤ちゃんをすぐ抱きたい
  • へその緒を切る前の赤ちゃんが見たい
  • 胎盤がどんなものなのか見てみたい
  • 処置が終わったら家族と一緒にいたい
  • 産まれたらすぐに待合室の家族全員部屋に入れて赤ちゃんを見せたい
  • しばらくは一人静かに過ごしたい
  • 目が悪いのですぐにメガネをかけさせて欲しい

入院中

  • 家族とゆっくり過ごせる個室に入院したい
  • 夜は赤ちゃんと離れてゆっくり眠りたい
  • 沐浴の練習を夫と一緒にやりたい
  • 粉ミルクは飲ませず、母乳だけで育てたい
  • 入院中は上の子も一緒に泊まらせたい
  • 夫だけは面会時間を自由にしてほしい
  • 家族とゆっくり過ごせる個室に入院したい
  • 電動ベッドがいい
  • 夜は赤ちゃんと離れてゆっくり眠りたい
  • 沐浴の練習を夫と一緒にやりたい
  • オムツの変え方を夫にも教えて欲しい
  • 粉ミルクは飲ませず、母乳だけで育てたい
  • 入院中は上の子も一緒に泊まらせたい
  • 退院後が不安なので「こんな時どうする」を沢山教えてほしい
  • 赤ちゃんが泣いたらいつでもおっぱいをあげたい
  • 家族以外のお見舞いは断れる環境にして欲しい
  • 赤ちゃんと添い寝をして過ごしたい
  • 母乳が出ないときの為に粉ミルクの使い方も教えて欲しい
  • 疲れを感じたときはいつでも赤ちゃんを預かって欲しい
  • 退院後、おっぱいに異常を感じたときの相談先はどこなのかを教えて欲しい
  • 赤ちゃんはとは別室で入院したい
  • 授乳の方法を教えて欲しい
  • 赤ちゃんの健康状態が良好と分かったら、早く退院したい

実際にあったバースプラン失敗例

バースプランには
して欲しい事はもちろん、
して欲しくないことも
きちんと記入することが重要です。

それをうっかり忘れてしまって
失敗したケースを3つ紹介します。

1.陣痛室が夫以外も入れる病院の場合

「陣痛室の立会は夫のみ」と書かないと、
陣痛に耐えているその部屋には
夫以外も出入りできることがあります。

義父母が部屋に居座り、
「帰って欲しい」とも言えず
気を遣いながら痛みに耐えてとても辛かったケース

2.立会が誰でも大丈夫な病院の場合

「分娩の立ち合いは夫だけ」と書かないと、
義父母や、義兄、叔父、叔母など駆けつけた親族に
出産直後の股間がみえたままの状態を
見られてしまったケース

3.面会時間ならだれでも入室可能な病院の場合

「夫と実父母以外の面接は断る」と書かないと、
出産した次の日、義父母が病室にきて
1時間近く話して行った。

横になりたいのに横になれず、
気も遣い、本当に疲れが取れないケース

まとめ

はじめは何を書いていいのか分らなかったバースプランも
「して欲しい事」「やっておきたい事」を書いていくうちに、
自分の考える理想のバースプランが出来上がります。

「して欲しくない事」もきちんと書いておかないと、
とんでもない失敗をしてしまうこともありますので
気を付けて下さい。

バースプランはあくまでも「希望書」です。

すべてがプラン通りに行くわけではないことを
忘れずに、新しく産まれてくる大切な命を迎える準備を
家族全員で整えていきましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。