「男の子女の子」確実に産み分ける方法とは?

スポンサードリンク

男児女児の産み分けってできるの?

赤ちゃんは、健康で無事に産まれてきてくれたら
他に望むものは何もないというのが本音ですが、
事情があって、出来る事ならば、
あらかじめ性別を決められれば産みたいと思う方も多いはず。

産むなら女の子がいい!

次は男の子が欲しいわ!

そう願う方へ、100%に近い高い確率の
産み分け方法をご紹介します。

赤ちゃんの性別が決まる仕組みとは?

赤ちゃんの性別が決まる瞬間とは、
それは受精したその時です。

赤ちゃんの性別を決める性染色体には、
X染色体とY染色体があります。

男性の細胞は、X染色体とY染色体からなっていて、
女性の細胞は、X染色体しかありません。

すなわち、男と女の違いは
この染色体の組み合わせできまるのです。

卵子は、X染色体しかもっていないので、
X染色体の卵子とY染色体を持った精子が受精すると、
その瞬間に男の子に決まります。

X染色体の卵子と、
X染色体を持った精子が受精すると、
その瞬間に女の子に決まります。

元気な男の子を産むための5つの方法とは?

赤ちゃんの性別を男の子するための方法は5つです。

  1. 基礎体温をつける

    きちんと排卵日を把握することが産み分けの第一歩
     
  2. 排卵日にSEX

    子宮頸管内はアルカリ性です。

    男の子を産むためのY染色体は酸に弱いため、
    排卵日は子宮頸管粘液が増え、
    膣の中の酸性がどんどん中和されていきます。

    それはY染色体の精子が生き残りやすい環境だといえるからです。
     
  3. 妻がオルガスムスを感じるSEX

    女性がオルガズムを味わうと
    子宮頸管粘液の分泌量が増えるため、
    膣の中の酸性が中和されるため、
    Y染色体を持つ精子が受精する確率が上がります。
     
  4. リンカル服用

    リンカル(リン酸カルシウム)を
    妊娠を希望する2カ月前から毎日服用する。

    忘れずに飲み続けることが大切になります。

    そして、妊娠が確認できるまで服用を続ける。

    Amazonで購入可能です。

    <説明>リンカルとは、
    無脳児を予防するために作られたサプリメント。

    そして服用していた女性から産まれてきたのは
    高い確率で男の子という臨床結果から
    産み分けに利用するようになりました。

    副作用はないものの、
    なぜリンカルで男の子が産まれてくるのかは不明です。
     
  5. 産み分けゼリー

    膣内をよりアルカリ性にしてくれる
    ハローベビーボーイ(日本製)を使います。

    食べても安全、赤ちゃんにも影響がない商品です。

    ネットで購入可能。

    他にはグリーンゼリー(日本製)もネットで購入可能。


丈夫な女の子を産むための4つの方法とは?

赤ちゃんの性別を女の子するための方法は4つです。

  1. 基礎体温をつける

    きちんと排卵日を把握することが産み分けの第一歩
     
  2. 排卵日2日前のSEX

    子宮頸管粘膜が増え始める前で
    膣内の酸性が強い時がX染色体を持つ精子との
    受精率が上がります。

    排卵日に近くなるほど、子宮内が中和され
    アルカリに近づくのでY染色体を持つ精子生存率が
    上がっていまいます。

    精子の生存期間は2,3日長く1週間といわれているので、
    排卵日の2日前が受精卵を女の子にするのに適しています。
     
  3. 妻があまり興奮しないSEX

    妻の興奮が頂点に達してしまうと
    子宮内頸管からの分泌が増えてしまい
    酸性に強いX染色体を持つ精子の生存率を
    下げてしまいます。
     
  4. 産み分けゼリー

    膣内をより酸性に保ってくれる
    ハローベビーガール(日本製)を使います。

    食べても安全、赤ちゃんにも影響がない商品です。

    ネットで購入可能。

    他にはピンクゼリー(日本製)も
    ネットで購入可能。

妻のストレスで女児に?

「女の子が欲しい」そう思ってSEXに励んでいる人の中で
ストレスを感じている女性の方が女の子を産む確率が高い
という研究結果があります。

特に妊娠するまえの数週間~数か月の間に
より多くのストレスを感じていた女性が
女の子を産む確率が高い結果が出ています。

景気が悪い状況にある時には、
女の子の産まれる確率が高いこと、
「9.11の後アメリカ」「ベルリンの壁が崩壊した旧東ドイツ」で
男の子の産まれる確率が激減したことがあげられます。

アメリカでは「コルチゾール」(ストレスホルモン)の高い女性のうち
50%以上が女の子を産むという報告がなされています。

しかし、受精卵の性別は精子の染色体で決まるのに、
なぜコルチゾールが関係しているかは、まだ不明です。

コルチゾール濃度が高いと
Y染色体を持つ精子が子宮内に入りにくいのではないのか、
男の子の受精卵は流産しやすいのではないのかと考えられています。

したがってコルチゾール(ストレスホルモン)の高い女性からは、
女の子が生まれてくるのではないかとオックスフォード大学と
アメリカの調査者により発見されました。

しかしこの結果にシェフィールド大学のアラン博士は
「ストレスが必ずしも男の子が生まれない事と
関係があるとは言い切れない」と示唆しています。

まとめ

受精卵となった時すでに男と女が決まってしまうので、
男の子が欲しい、女の子が欲しい、という
希望がある方は以上の方法を実践してみてください。

排卵日が正確に確認できない生理不順の方は、
産み分けを希望する前に産婦人科を訪ね
その原因と治療を行いましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。