妊娠中の正しい体重管理方法とは?

スポンサードリンク

妊婦さんの体重を管理する方法とは?

妊娠中に体重が増えるのは当然のこと。

しかし太り過ぎも、痩せ過ぎもダメです!

適切な体重管理は、自分だけでなく
お腹の赤ちゃんの命を守るためでもあります。

妊婦さんの適切な体重とは、
標準体型の場合、体重増加の目安は200~300g/週です。

体重が急激に増えたり減ったりすると、
お腹の中の赤ちゃんの成長に影響が出たり、
母体の健康にも良くありません。

妊娠中の正しい体重管理の方法
肥満妊婦、痩せ過ぎ妊婦の胎児に与える影響をまとめました。

妊娠するとどのくらい体重が増えるの?

標準的な妊婦さんの
母体必須体重増加は約7㎏~8㎏です。

よって、最終的に体重が10㎏増えた人は、
約2㎏~3㎏が余分な脂肪ということになります。

体重増加分の内訳は、
赤ちゃん3kg
胎盤・羊水1kg
乳房・血液増加1.7~2.5kg
合計、5.7~6.5kgとなります。

※出産後の育児に必要な活力の源として
2㎏くらい脂肪がつくのが理想です。

この値から見ても、7~8kgの増加が目安、
というのは納得できるはずです。 

分娩時の安産体重とは?

妊娠前のBMIによって、
安産体重は異なります。

BMIとは、Body Mass Index(ボディマス指数)の略で、
人間の肥満度を表す体格指数で、
体重と身長で算出することができます。

体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))

安産体重の算出方法は、

(妊娠前のBMI×0.88+6.65)×(身長m)2 

例えば身長160㎝の場合、
妊娠前50㎏なら、61.02kg
妊娠前58㎏なら、68.04kg
妊娠前60㎏なら、69.80kg
妊娠前65㎏なら、74.22kg。

お産のときの出血に備えて体内の血液の量が、
それまでの約1.4倍(約7,000cc)にまで増加します。

これも、妊娠によるホルモンの働きで自然に起こることです。


なぜ体重が増えるのか?

妊娠すると体重が増加する理由は4つです。

  • 赤ちゃんを守るための機能が体に備わるため
  • 脂肪の付きやすい体質に変化していくため
  • 母体の血液量が増加するため
  • 抑えきれない食欲による食べ過ぎ 

妊娠初期

妊娠4週~妊娠15週(妊娠2ヶ月〜妊娠4ヶ月)は、
中枢神経や各臓器・器官が形成される重要な時期です。

この時期はまだ胎盤が完成していないため
赤ちゃんはお母さんから栄養をもらいません。

この時期の増えた体重は、ほとんど余分な脂肪です。

妊娠中期

妊娠16週〜妊娠27週(妊娠5ヶ月〜妊娠7ヶ月)は、
赤ちゃんもいよいよ大きくなってきます。

この時期を過ぎると、赤ちゃんの内臓も
しっかりと形成されていきますので、
それに伴い空腹感も増幅してきます。

標準体型であれば、
妊娠7ヵ月での体重増加量の標準は4~5kgです。

つわりもおさまり食べ物が美味しくて
必要以上に食べてしまう時期なので
注意しましょう。

妊娠後期

妊娠28週〜妊娠39週(妊娠8ヶ月〜妊娠10ヶ月)は、
妊娠していないときの子宮は重さは50gですが
臨月での重さはなんと1kgになります。

妊娠後半期の標準的体重増加は、
300~400g/週、
1200~1600g/月です。

お腹をかばって動きも遅く、
体を動かすのも億劫になり
運動不足で体重が増加する時期です。

妊娠中の体重が胎児に与える影響は?

太り過ぎた妊婦に起こりやすい合併症を3つあげます。

  1. 妊娠高血圧症候群(PIH)

    PIHとは、以前、
    妊娠中毒症と呼ばれていたものです。

    急に体重が増えて、
    高血圧や蛋白尿の症状がでてきます。

    胎盤の機能が下がり、母子ともに危険となり、
    その時の事情によっては帝王切開になることもあります。
     
  2. 糖代謝異常(妊娠糖尿病)

    妊娠糖尿病とは、
    妊娠中に血糖値が高くなる状態です。

    胎盤からでるホルモンが
    インスリンの働きを邪魔するからだと言われています。

    妊娠前から肥満の妊婦は
    妊娠糖尿病のリスクが高いといえます。

    羊水量の異常など、
    ママの体に影響があるだけではなく、
    赤ちゃんにも巨大児、低血糖、心臓病、流産、胎児死亡などの
    影響が出る場合があります。
     
  3. 血栓症

    妊娠すると非妊時と比較して、
    血液が固まりやすくなっています。

    これはお産の時の出血に耐えるよう
    体が準備するからです。

    それと同時に血管内でも血液が
    固まりやすくなっているといえます。

    血管内で出来た血栓(血の塊)血管に
    突然詰まる血栓症という病気も
    太り過ぎたことによりリスクが高まります。

肥満妊婦の出産時のリスクとは?

太り過ぎ妊婦さんの場合、
難産、微弱陣痛、巨大児や肩甲難産の合併症
なるリスクを高めるといわれています。

  • 難産

太り過ぎたため子宮口にも脂肪が付き過ぎ
子宮口が開きにくくなります。

そのためお産の進みが悪くなります。

  • 微弱陣痛

子宮口に脂肪が付き過ぎたため
子宮の周囲の筋肉が十分に収縮することができません。

出産が長引き、母子ともに疲れやすくなります。

  • 巨大児や肩甲難産の合併症

分娩時に頭は出たけど肩が引っかかり腕の麻痺が生じたり、
分娩が長引いて胎児や 母体に害のある刺激が加わり、
子宮も疲れて、「微弱陣痛」「弛緩出血(しかんしゅっけつ)」に
なることもあります。

妊娠糖尿病または、糖尿病になっていることで、
赤ちゃんが大きくなりすぎるため、
出産が長引いたり、帝王切開になることもあります。

わたしの場合ですが、
最終的に約14㌔太った+40歳という
高齢+初産でしたので難産でした。

妊娠初期から食べつわりでみるみる太り、
途中「入院して食事指導をしますか?」といわれましたが
何とか入院したくないと拒み、最終体重13.7㎏増でした。

そのせいか、予定日をすぎても陣痛が来なくて、
帝王切開になることも覚悟してくださいと
言われていました。

結果的には、病院に入院し陣痛促進剤を使って
入院してから3日後の
42週4日で出産することができました。

分娩時間も32時間かかりましたし、
その時の出血量は1200mlでした。

出産を終えた直後の私に言った先生の一言は、
「あ~あなたは運がよかったよ~」でした。

同じ時期に妊娠していた友人は、
同じ高齢出産の初産だったのに
しっかり体重管理ができていて8㌔増えただけでした。

その友人は8時間で出産しました。

この結果からも、妊婦の体重管理の重要性が
分っていただけるのではないでしょうか。

痩せ過ぎ妊婦の出産時のリスクとは?

痩せ過ぎ妊婦さんの場合、
貧血、切迫早産、子どもが病気
なるリスクを高めるといわれています 。

痩せ過ぎ妊婦は低体重児を産む確率が高く、
出生時の体重が2500g未満で生まれた赤ちゃんの
発症するリスクの高い病気には、
以下のようなものがあります。

  • 虚血性心疾患
  • 2型糖尿病
  • 本態性高血圧
  • メタボリック症候群
  • 脳梗塞
  • 脂質異常症
  • 神経発達異常 など

低出生児が将来必ず病気になるわけではありません。

最初の1000日の間に作られた「病気になりやすい素質」に加え
「生後の負の生活習慣」が将来の生活習慣病の原因となります。

子供を育てていく過程が、
生活習慣病の発症を避けることが可能であることはわかっているため
赤ちゃんが標準より小さく生まれたときは、
必ず専門家に相談をしてください。と福岡教授はおっしゃっています。
日経ヘルス2014年10月号の記事より

(福岡教授:早稲田大学総合研究機構研究院教授。
産婦人科専門医。認定臨床栄養学術師。
厚生労働省監修の「第6次、第7次日本の栄養所要量」の策定委員、
「妊産婦のための食生活指針」の検討委員に従事する。)

妊娠中の正しい体重管理方法は?

妊娠中に限らず、バランスのとれた食事は大切です。

甘いものの摂り過ぎなどで体重が増えすぎてしまったら、
肉や野菜、低脂肪乳やヨーグルト、果物をしっかりとり、
ご飯やパンなどの穀類、菓子類、油を半分に減らすのがコツです。

1日の総カロリーの目安は、
妊娠初期で30kcal×標準体重+200kcal、
後期で+350kcalです。

痩せたい妊婦さんも太りたい妊婦さんも
正しい体重管理を行うために
次の8つの方法を実践してください。

  1. 1日3食規則正しい食事

    例えば1日2食しか食べなかった場合、
    1食の量が増えます。

    その結果食後の血糖値が急激に上がり、
    空腹の時間が長いため栄養素の吸収が増し、
    体に脂肪がつきやすくなります。

     典型的な悪い食べ方として、
    「朝抜き、昼そば、夜大食い」があげられます。

    気をつけましょう。
     
  2. よく噛んで食べる

    食べ物をよく噛むことで、満腹中枢が刺激され、
    満腹感で得られるために食べすぎないようになり、
    ダイエットに効果的です。

    よく噛むと唾液がたくさん出て、口の中をきれいにします。

    この唾液の働きが、 虫歯になりかかった歯の表面をもとに戻したり、
    細菌感染を防いだりして、虫歯や歯周病を防ぐのに効果的です。

    妊娠中は、カルシウムの消耗が激しく、
    虫歯になりやすいので、特によく噛むようにしましょう。
     
  3. バランスのとれたメニュー

    例えば1食で大量のビタミンCを接種しようとして
    口に入れても、そのすべてを体は吸収できません。

    吸収できなかったビタミンCは、
    体外へと排出されてしまいます。

    そのため、一度の食事で同じ栄養素ばかりを口に入れてもダメ。

    ビタミンCだけでなく、カルシウムや、タンパク質など、
    いろんな栄養素を少量ずつ、まんべんなく食べたほうが
    良いというわけです。
     
  4. カロリーを気にする

    カロリーを多くするというよりは、
    赤ちゃんが成長するために必要な栄養素を
    バランスよくとる事が大切です。

    妊娠中に1日に必要なカロリーは
    20~40歳の標準的な女性の場合、
    約2000Kcalと言われています。

    牛乳1杯、ポテトチップス1枚でも
    カロリーを気にすることが
    体重管理につながります。
     
  5. うす味を心がける

    おかずの味付けが濃いと、
    主食の米やパンや麺類がどんどん進んでしまいます。

    塩分の摂り過ぎは、高血圧の原因といわれているので、
    ダイエットだけなく、健康のためにも、
    薄味に慣れるようにしていきましょう。
     
  6. 間食は控える

    おなかが空いてイライラし
    ストレスをためるのは体によくありません。

    1日分の食事を小分けにし、
    お腹が空いた時間食として食べる方法もあります。

    カロリーゼロの寒天おやつや
    カロリーオフのビスケットなども活用しましょう。

    そして間食をしないことで、おなかが空き
    三食きちんと食事することにつながります。
     
  7. こまめな体重チェック

    朝起きたときや、お風呂に入る前など
    時間を決めて体重を測る事で、
    体重管理をする必要があるのだと、
    自分自身の意識に訴えかけることができます。
     
  8. 妊娠経過が良好なら動く

    日々の生活の中に運動をとりいれるのがいいですね。

    家の掃除、買い物、散歩、など積極的に体を動かすと、
    出産に必要な体力を養うこともできます。

まとめ

妊娠初期からきちんと体重管理を行うことにより
分娩時、産後の大変さが全然ちがいます。

出産時の母子の命の危険のリスクだけでなく
お腹の中の赤ちゃんの成長にも深く関わっています。

妊娠中に体についた脂肪をそのままにしておくと、
本当の肥満になります。

太り過ぎは生活習慣病につながります。

高血圧、糖尿病、心臓病に脳疾患と
リスクが高まるばかりです。

「太っているから動くのが面倒=さらに肥満が進む」
この悪循環を断ち切りましょう。

アナタ自身の為に、
アナタが強い意志を持って頑張ってください。

しかし体重の数字ばかりこだわるのではなく
「質の良い食事」「質の良い生活」を心がけましょう。

そして、おだやかに楽しい妊娠期間を過ごしてください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。