突然の訃報!妊娠中や子連れでお葬式に行ってはいけないの?

スポンサードリンク

妊娠中に訃報を受けたらどうする?

「人の死」それは突然やってきます。

妊娠中に近しい人が亡くなってしまうこともあります。

知人との最後のお別れの場であるお葬式への参列を
妊婦は控えるべきなのでしょうか?

妊婦とお葬式の関係について、
また、参列時の服装などの注意点についてまとめました。

妊婦さんが通夜や葬式に行ってもいいの?

「妊婦はお葬式に参加してはいけない」
皆さんはこんな言い伝えを聞いたことはありませんか?

それは昔、死者が胎児に影響を与えるのではないかと
考えられていたからです。

これに関連して「妊婦と鏡」という言い伝えを
聞いたことがあるのではないでしょうか?

鏡は魔除けの効果があると伝えられていたので、
棺のなかに入れたり、墓地にかけたりしたと言われています。

そこで、妊婦が葬儀に参列するときは、
死者の魂が胎児に入らないように鏡を外側に向けて
おなかに入れておけばよいと言われていました。

もし、鏡を忘れてしまった場合は、
お葬式から帰った後おなかに塩をかければ大丈夫とも言われています。

地域によっては妊婦がお葬式に出席すると黒いアザ、
火事を見ると赤いアザの赤ちゃんが産まれるという言い伝えがあります。

※迷信ですので、気にされるかどうかが一番の問題です。

なぜ、参列させないための迷信が今でも言われ続けているか、
それはお通夜やお葬式の時に
妊婦さんの精神的な負担や肉体的な負担を考慮したからです。

実際のところ、妊婦さんもお葬式に参列して大丈夫です。

ただ、無理に参列すると身体に負担がかかるだけでなく、
周りにも心配と迷惑をかけることになってしまいます。

たとえ葬式に参列できなくても、
あとで落ち着いてから、
その時に手を合わせ伝えたかったことを
伝えましょう。

また弔電を打ったり、
お香典やお悔やみ状をお送りする事も視野に入れましょう。

妊娠中に喪主になる際の注意点とは?

喪主とは遺族の代表で、主な役割といえば
弔問を受けること、故人に寄り添うことです。

限られた時間の中で、妊婦である喪主が
すべてを執り仕切る事はとても大変です。

喪家の事情に詳しい人をサポーター(世話役)にきめて、
葬儀の打合せや雑務を取り仕切ってもらいましょう。

どうしてもサポーターがみつからず妊婦である自分しか
葬儀を執り仕切ることができない場合は、
葬儀社の方にある程度はお任せするようにして、
絶対に無理はしないようにしましょう。

産まれてくるお腹の中の子のためにも、
食事と睡眠はきちんととり、
亡くなられた方のためのも、
母子ともに元気な出産をするのが
一番の供養になるでしょう。

妊婦の葬儀の服装とは?

お葬式では、立ったり座ったりが多く結構動きます。

なので、普段よりもできるだけ
お腹周りのゆったりとしたものを選びましょう。

妊娠中に喪服を着ることなど
そう滅多にあることではありません。

葬儀社でレンタルもできますし、
黒っぽい平服でもいいでしょう。

ただし、光沢のあるものや、
膝が出る短いスカートなどは避けましょう。

妊婦は体を冷やしてはいけません。

季節を問わず、
カーディガンやストールの用意をしておきましょう。

子連れで葬式に参列する場合の注意点は?

もし、故人がお身内で可愛がってくださった方なら
どうぞ連れて行ってあげてください。

子供が泣いたり騒いだら?
→連れ出せばいいだけです。

では、こんな場合はどうする?

子連れでのお葬式への参列に対する素朴な疑問に
葬儀のプロの葬儀社の方に答えていただきました。

Q.お世話になった方が亡くなり
故人の家族とは数回お会いした程度です。

子連れでの出席をどう思いますか?

A.子供を預けることができないので
欠席とお考えでなのであれば、
故人様との大切な最後のお別れの場となりますので、
お子様をお連れしてでも参列された方が良いと思います。

もしぐずってしまっても、
一時ロビーに出るなどすれば大丈夫です。

又、ご自分のお焼香の時に葬儀屋か
一緒に参列された方にに預ければ良いと思います。

最近の葬儀会館は、トイレ内に赤ちゃんスペースや
おむつ交換台を設置しているところも珍しくありません。

ということは、
子連れで参列する方は多くいらっしゃるということです。

参列する子供の服装ですが、正式は服装はありません。

白・黒・紺やグレーを着せて、それもない場合は
控えめな色味であれば失礼にあたりません。

まとめ

たとえ妊婦であっても、亡くなった方へ顔を見て
最後の挨拶をしたいと思う気持ちは同じです。

でも、まずは自分が妊婦である事、
しんどい時は休みますと伝えておきましょう。

葬儀はサポーター(世話役)と葬儀屋さんで
滞りなく進んでいきますから、安心してください。

そして、子連れでの参列でも周りが結構助けてくれたりするものです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。