妊娠中のおりものトラブル!色・ニオイ・量で見分ける病気のサイン

スポンサードリンク

おりもので見分ける体調の変化とは?

妊娠したらおりものが増えたのですが、
白い鼻水みたいなおりものは問題ですか?

濃い黄色いおりものがついて気になります!

おりものの変化は、
女性の体調の変化を教えてくれるとても重要なサイン

妊娠中に起こるおりものの変化と
その時の体の状態を知っておきましょう。

妊娠超初期におりものが増える理由とは?

「おりもの」って何?

おりものとは、膣や子宮からの分泌物が混ざり合った
無色または白っぽい粘液です。

おりものの役割は2つあります。

  • 自浄作用
    (膣から細菌が入ってくるのを止める)
     
  • 受精の手伝い
    (精子が子宮内へスムーズに動ける)

なぜ、妊娠超初期におりものが増えるのでしょうか?

妊娠すると、胎盤を完成させるまで黄体ホルモンが活発になり、
子宮を大きくする役割を持つ卵胞ホルモンが活発になるからです。

その為、胎児を膣から入ってくる細菌から守ろうとして
おりものの量が増えます。

妊娠初期のおりものの色やにおいでわかる病気とは?

無色透明、薄い黄色または白色をしたおりものは、
量が増えても心配ありません

注意をしなければならいのは、
ピンク(血が混じっている可能性)や茶色なら、
切迫早産や流産の危険性が疑われます。

また、黄色、緑色の場合は
膣炎、頸管炎が疑われます。

クリームのようなおりものや
水のようなおりもの
心配ありません

もし、白くてポロポロした感じのおりものや
泡のような感じのおりものならば
感染症の疑いがあります。

健康なおりもののニオイは
少しすっぱいニオイがします。

なぜなら膣の中は酸性で、
他の細菌が増えにくい環境になっているからです。

いつもよりニオイがきつくなったら、
いつもと違うニオイがしたら何か悪い菌が増えている時です。

おりものの量、色、ニオイがいつもと違うと感じたら
次の検診まで待たず病院に連絡し診察を早く受けましょう。

知っておきたいおりものの変化

非妊娠時のおりものの周期

生理が28日周期の場合
1234567 89101112 131415 161718192021 22232425262728
①生理  ②卵胞期  ③排卵期 ④黄体 ⑤生理前

 

①生理 
生理直後おりものと残りの経血が混じり茶色。
この時期のおりものはさらっとして量も少ない。

②卵胞期、③排卵期
排卵に向けおりものの量が増える。
1番量が増えるのは排卵期の2~3日です。

この時期のおりものは水のように透明で、
少しとろみがありますが、ニオイはあまりありません。

受精の手伝いが出来るおりものです。

④黄体
おりものの量は減り続けます。
この時期は粘性が強くドロッとしていて白く濁ったおりのもです。

⑤生理前
再びおりものの量が増え始めます。
まだ粘性が強くドロッとしていえて白く濁ったおりものですが
ニオイが強くなります。
生理の数日前から血液がまじることもあります。

妊娠時のおりもの

  • 妊娠初期

胎盤を完成させるまで黄体ホルモンが活発になり、
子宮を大きくする役割を持つ卵胞ホルモンが活発になるので
おりものの量が増えます。

胎児を膣から入ってくる細菌から守ろうとおりものの量が増えます。
おりものは透明または白色でさらさらした水のようなおりものです。
ニオイは普段と変わらないか、薄くなった感じがします。

  • 妊娠中期

妊娠中期は妊娠初期よりさらにおりものの量が増えます。
これもまた膣から入ってくる細菌から胎児を守るためです。

妊娠中期のおりものは薄い黄色や白色で、
酸っぱいニオイだけでなく少し甘いニオイも感じられることがあります。

  • 妊娠後期

妊娠初期より妊娠中期よりさらにおりものの量が増えます。

この時期は白色で水っぽいおりものです。

産道を滑らかにして、
赤ちゃんが円滑に降りてこられるようにするためです。

おりものの色・ニオイ・量でわかる病気とは?

おりものでわかる病気のサイン
病気 おりものの色 おりもののニオイ おりもの状態
正常 白色・透明 少しすっぱい クリーム ふつう
細菌性膣炎※1 灰色 悪臭きつい さらさら 多め
カンジダ膣炎 白色 ニオイ少ない 酒粕,ヨーグルト 多い
がん※2 ピンク・茶褐色 悪臭 水っぽい 多い
クラミジア頸管炎 黄色・血液混入 きついニオイ 水っぽい  多い
淋病感染炎※3 黄色・黄緑色  きついニオイ ドロッと 少ない
トリコモナス膣炎 黄色・黄緑色 腐ったようなニオイ 泡状 普通
子宮腟部びらん 白っぽい色・黄色 無臭 粘性 多い

 

※1)早産や流産、低体重児が生まれる
および分娩後の感染症の原因に細菌性膣炎症が
関係していることが最近判明されました。

妊婦さんはカンジダ膣炎になりやすいですが、
細菌性膣炎のほうがさらに発症率が高いのです。

細菌性膣炎は性行為が感染ルートではありません。

膣内の乳酸菌の環境バランスが生活習慣などにより
崩れて起こる病気です。

※2)「子宮頸癌」と「子宮体癌」の2種類あります。

子宮頸癌:性行為の時の子宮頚部に受けた刺激で出血します。
子宮体癌:不正出血(生理以外の出血)があります。

閉経しているにも関わらず不正出血があった場合は
一刻も早く婦人科の診察を受けて下さい。

※3)淋病感染炎に感染していた母親から生まれた赤ちゃんは
産道を通る時に「母子感染」してしまいます。

生後2,3日で淋病結膜炎を発症させ、
処置が遅れると結膜炎または角膜潰瘍へ進行するとも言われています。

まとめ

「おりもの」って下着が汚れる不快なものではなく、
女性の体調変化を教えてくれるとても大切なものです。

膣から体内への細菌の侵入をくい止めたり、
受精のお手伝いをしてくれるありがたいものでもあります。

妊娠中は、おりものの量も増え、
少しずつ変化して時々不安になります。

良いおりものと悪いおりものを見分けて、
おりものに「何か普段と違う」そう感じたら
恥ずかしがらずに婦人科を受診しましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。