新生児ニキビの治し方とは?原因・症状・予防法

スポンサードリンク

産まれたばかりの赤ちゃんの顔にニキビが!治るの?

新生児ニキビ昨日から、突然赤ちゃんのほっぺたに
赤いプツプつがいっぱい。

痒いのかしら。

乳児湿疹?あせも?新生児ニキビ?
母親の食生活が原因ですか?

新生児ニキビの効果的な治し方
正しいスキンケアの方法
赤ちゃんの顔をきれいにしてあげましょう。

新生児ニキビとは?

新生児ニキビとは乳児に見られる乳児湿疹の種類の一つです。

乳児湿疹とは、
赤ちゃんの肌にできる湿疹すべての総称です。

乳児湿疹と呼ばれる代表的な6種類↓

  • 新生児ニキビ
  • あせも
  • おむつかぶれ
  • 乳児脂漏性湿疹
  • アトピー性皮膚炎
  • 食物アレルギーによる湿疹

新生児ニキビの原因とは?

母親の女性ホルモンの影響が、
生後3か月くらいまで残り
過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まったり
肌の表面にとどまったりする事が原因と言われています。

母親の食生活や赤ちゃんのストレスが原因とは
考えにくいとされています。

新生児ニキビの特徴とは?

新生児ニキビは、
正しいケアをしてあげることできれいに治ります。

治療をしなくても自然にニキビが出なくなります。

新生児ニキビの症状とは?

思春期にできるニキビと同じ症状です。

  • 赤くブツブツした膿をもったニキビ
  • 中心に白い芯があるニキビ
  • かゆみはありません

新生児ニキビをキレイに治す方法とは?

新生児ニキビは、
生後3か月を過ぎると症状は治まってきます。

また、赤ちゃんは新陳代謝が良いので
ニキビの跡が残る事はありません。

「少しでも早く赤ちゃんの顔をきれいにしてあげたい!」
そう願うお母さんがしてあげられる事は3つです。

①基本は赤ちゃんのお肌から
「汚れ・バイ菌・ごみ」を取り除き
きれいな状態を保つことです。

赤ちゃんがいつも寝ている布団、着ている洋服、
顔を拭いてあげるガーゼも清潔を保ってください。

②身体同様顔もしっかり泡で洗ってあげて下さい。

赤ちゃんの顔を濡らしたガーゼで
拭いてあげるだけのお母さんは多いはず。

実際わたしも産婦人科の沐浴指導でそう教わりました。

新生児ニキビのできている赤ちゃんには
しっかりベビー用の石鹸泡で洗って、
しっかりシャワーで洗い流すことをしてあげてください。

③洗顔後の肌の保湿(保護)すること。

私が赤ちゃんの肌の保湿に使っていた(現在も)ものは
ワセリンと馬油です。

赤ちゃんの正しい洗顔方法と洗顔後のスキンケアとは?

新生児ニキビのある赤ちゃんの場合、
ガーゼの繊維でも肌を傷つけることも考えられますので
手にたっぷりの泡を付けて洗ってあげましょう。

手でゴシゴシ洗うのではなく、
石鹸の泡に汚れを吸い取らせるイメージで
やさしくなでる感じで洗います。

洗い終わりはしっかり石鹸を
シャワーで落としてください。

お風呂上りのタオルも柔らかく
水分をよく吸収するものを選び、
決してこすらず体の水分をしっかり吸わせる感じで
拭いてあげて下さい。

お風呂から上がったら5分以内に保湿をします。

私が使ったおすすめ保湿(保護)剤を2つ紹介します。

白色ワセリン

ワセリンは肌に浸透し潤いを与えるものではありません。

肌の表面に薄い膜を作り、肌を刺激から守り、
肌の水分が逃げていくのを防ぐためのものです。

口に入っても大丈夫です。

薬師堂ソンバーユ

ソンバーユは100%馬の油です。

自然治癒力を高める作用があり
赤ちゃんから使える皮膚保護化粧品です。

口に入っても大丈夫です。

まとめ

新生児ニキビは自然に治ります。

赤ちゃんの肌そして赤ちゃんの触れるものを
清潔に保ちましょう。

生後3か月を過ぎてもニキビの治りが悪く膿む、
乾燥が激しい症状がある場合は皮膚科を受診しましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。