歯科医に聞いた1歳児の正しい歯磨き方法とは?フッ素は大丈夫?

スポンサードリンク

1歳児の正しい歯の磨き方とは?

子供が1歳になり、そろそろ歯が生え始めてきたけど、
赤ちゃんの歯磨きってどうすればいいの?

フッ素を塗ると虫歯が出来にくいって聞いたことあるけど、
フッ素って赤ちゃんにも安全なの?

1歳児のお母さんのための、
赤ちゃんの正しい歯磨きの方法と
フッ素についての疑問や安全性についてまとめました。

赤ちゃんの歯磨き方法は?

タイミング

赤ちゃんの場合は特に、
食事の度に歯磨きをするのが一番良いのですが、
毎食後が大変な時は、寝る前だけは必ず磨いてあげて下さい。

それは寝ている時は唾液の量が減り
虫歯菌が増えやすい口内環境だからです。

道具

まだ小さいお子さんに持たせる場合は、
誤って喉をつかないように設計された
リング式の歯ブラシがオススメです。

お母さんは、
仕上げ用に小さなやわらかい歯ブラシを使って、
やさしく歯面の汚れを取ってあげましょう。

赤ちゃんは歯ブラシを咬んでしまうので、
すぐ毛先がボサボサになります。

お母さんの仕上げ用とは必ず使いわけましょう。

赤ちゃんが歯みがきを嫌がらない方法とは?

もし、赤ちゃんが歯みがきを嫌がる時は、
よく洗った清潔な指で、
赤ちゃんの唇や口まわりをちょんちょんと触って、
まずは口に触れることに慣らしてあげましょう。

赤ちゃんが歯がためを噛む行為も、
将来、歯が生えた後に歯ブラシで触られるのを
嫌がらない練習になります。

歯ブラシは最初の歯が生えたら、
1~2回ふれる程度で良いので使い始めましょう。

また、やさしく話しかけ、
楽しい歌を歌いながら、
笑顔でみがいてあげてください。

その時お母さんも一緒に歯みがきをするといいでしょう。

初めは10数えて、できたらほめる。

これを繰り返すことによって子供の頭の 中では
歯ブラシ=良い事がすり込まれてゆきます。

あくまでも笑顔でやさしく。がポイントです。

フッ素は子供に使っていいの?

フッ素ってなに?

フッ素とは、
自然界に通常存在する元素で、
地球上の海の水、川の水、土の中など、どこにでも含まれます。

海藻やお茶などの食品に
比較的多く含まれています。

そして、人の体にもいろいろ含まれます。

私たちが毎日飲む水の中にもフッ素は含まれています。

フッ素は、人間の身体、
とくに歯や骨を丈夫にする有益元素です。

メリット

歯質の強化と、
むし歯原因菌の酸産生の抑制という
2つのメリットがあります。

1.歯質の強化
歯の表面から取り込まれ、
歯の結晶(アパタイト)の一部になり
フッ化物を含んだ歯の結晶は、
普通の歯の結晶よりも丈夫になります。

2.歯原因菌の酸産生の抑制
フッ素がむし歯原因菌の歯垢中で
むし歯菌の酸を作る働きを抑える作用をします
※フッ素のむし歯予防効果は
萌出後まもない歯に使用したとき、
最も大きく現れます。

「フッ素塗布=虫歯にならない」の考えは間違いです。

あくまでもフッ素は
「虫歯になりにくくする」だけです。

また、フッ素塗布は年2~3回定期的に行いましょう。

デメリット

極めて僅かですが、
歯の変色または着色を起こすこともあります。

過量に摂取すると害(中毒)を生じます。

  • 慢性中毒
    長年にわたって飲料水などから
    過量のフッ素を摂取した時に生ずるものです。
     
  • 急性中毒
    一度に多量のフッ素を摂取した時に生ずるもので、
    吐き気、嘔吐、腹部不快感などの症状を示します。

何歳から使っていいの?

  • 歯が生えてきたらフッ素を使用しましょう。(愛知県 若林歯科)
  • フッ素は乳歯の生える1歳前後から継続して定期的に受けましょう。(埼玉県歯科医師会)
  • 歯の萌出が始まるのは、1歳前頃なのでこの頃から使用可能です。 (松戸歯科医師会)
  • フッ素は、歯が生えてからの塗るまでの期間が早いほど取り込みが良いので、
    なるべく早くから始めた方が虫歯の予防効果が高くなります。(群馬県 山口齒科醫院)
  • フッ素歯面塗布は、歯が生えはじめたら何歳でも可能ですが、
    左右4本くらい生えた頃からはじめるのがよいでしょう。
    おおむね1歳6ヶ月くらいでしょうか(長岡歯科医師会)
  • フッ化物は生えて間もない幼若歯に使用すると最も効果的。
    つまり、乳歯の生えてくる1歳前から(川崎市歯科医師会)
  • 基本的には歯が生えたらフッ素塗布の開始です (札幌市うすい歯科クリニック)

しかし厚生労働省のフッ化物洗口カイドラインによると
対象年齢4歳から成人、老人まで広く適用される。

特に、4歳(幼稚園児)から開始し、
14歳(中学生)まで継続することが望ましい。となっています。

お子様にフッ素を実施する場合は
歯科医師と十分に具体的方法、効果、安全性の説明を受け、
納得したうえで行いましょう。

ミルクを飲みながら寝てしまう子の場合の歯磨きはどうすればいいの?

飲み終わった後に、
歯磨きや清潔なガーゼなどで、
歯をきれいに拭いてあげることは、
とても有効です。

哺乳びんが問題というより、
飲むものが問題となります。

水や麦茶なら大丈夫ですが、
ジュースやスポーツドリンクなど
少しでも甘いものは虫歯になりやすくなります。

口の中が汚れたままおっぱいやミルクを飲み、
眠ってしまうと、虫歯になる危険は大です。

欲しがるようなら、
飲ませる前に口の中をきれいにしてから飲ませましょう。

 まとめ

フッ素を塗布すれば虫歯にならない訳ではありませんがが、
虫歯になりやすい乳歯には予防効果がかなり期待できます。

しかしフッ素にもメリットデメリットがあります。

よく歯科医師と相談し納得してから使いましょう。

正しい歯磨きと
歯科医院への定期検診を受けることも
虫歯予防の大事なポイントです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。