土用の丑の日は年に何回?妊娠中もウナギ食べていいの?

スポンサードリンク

土用の丑の日って一年に何回あるの?

土用の丑の日は、その年によって回数が異なり、
2015年は6回あります。

冬・・・1月13日、1月25日
春・・・4月19日
夏・・・7月24日、8月5日
秋・・・10月28日

特に、土用の丑の日の中でも、
「夏の土用」が有名で、
丑の日には鰻を食べる習慣があります。

 

「土用の丑の日」とは?そもそも「土用」って?「丑の日」って何?

「土用の丑の日」は、
春・夏・秋・冬に存在します。

「土用」とは
暦の四立(立春・立夏・立秋・立冬)にそれぞれあり、
立春(2/3か4か5)
立夏(5/4か5か6)
立秋(8/6か7か8)
立冬(11/6か7か8)
の18日の期間の事です。

「丑の日」とは、
十二支の「子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥」の「丑」に当たる日で、
土用の期間の内の丑の日のことを、
「土用の丑の日」といいます。

土用のの由来は、
昔、中国で世の中は「木・火・土・金・水」で分類されると考えられ、
春は木、夏は火、秋は金、冬は水と割り当てられ、
では土は?となった時に、
土の性質はすべての季節に存在する。だから土を耕す牛を休ませる日。
ということで「土用の丑の日」となりました。

土用の丑の日にうなぎを食べる理由とは?

なぜ「丑の日」なのに「うなぎ」を食べるのかというと、
「土用の丑の日」の始まりは江戸時代からと言われています。

その時代は、牛そのものを食べることを憚れる時代だったため、
「う」の付く食べ物を食べると
夏バテしないという伝承からヒントを得た『平賀源内』が、
夏場になると景気の悪くなるうなぎ屋に、
「本日丑の日」と店先に看板を出すことを勧めたら、
うなぎ屋は大繁盛したといわれています。

これを、他のうなぎ屋も真似をするようになり
「土用の丑の日はウナギの日」という
うなぎを食べる習慣が定着したのではないかとされています。

どうしても「うなぎ」を食べないといけないという訳ではなく、
丑の日に「う」の付く食べ物を食べるをいう風習が
昔からあっただけのようです。

ウナギの味が苦手だったり、高くて買えないという方に、
その他の、夏の土用の丑の日におすすめの
「う」の付く食べ物はコチラです。

  • うどん:食欲のない時食べやすく消化吸収に優れている
  • 梅干し:食欲不振を解消しエネルギー代謝を高め疲労回復に効果がある
  • 瓜 :西瓜、胡瓜、冬瓜。瓜類は体の余分な熱を冷ましてくれて、利尿作用があります

夏の暑い盛りに訪れる土用の丑の日に、
元気の出る「う」の付く食べ物を食べて、
夏バテを解消しましょう。

妊婦さんは土用の丑の日にウナギを食べてはいけないの?

妊婦さんは土用の丑の日にウナギを食べてもOKですが、
ウナギの食べ過ぎはNGです。

妊娠中は、普段普通に食べているものでも、
妊婦さんの体調次第で

食べていいもの悪いものが出てきます。

妊娠3か月以内で、
体調が心配な方はウナギを食べるのは避る必要があります。

なぜなら、
うなぎはビタミンA(レチノール)含有量が非常に多く、
妊娠中のレチノールの摂り過ぎは
先天異常の乳児を出産する確率が高くなるという報告もあります。

これはあくまで、レチノールを摂り過ぎた結果ですので、
体重制限や、塩分コントロールなど医者から何も言われてなければ、
時々うなぎを楽しむのは全く問題はありません。

体調が気になる妊婦さんに、
レチノールの多い食べ物はコチラです。

  • 鶏レバー
  • 豚レバー
  • アンコウ肝
  • レバーペースト
  • ほたるいか
  • ウナギかば焼き
  • ぎんだら
  • 牛レバー
  • 穴子
  • 鶏ハツ
  • すじこ

まとめ

夏の「土用の丑の日」は、
是非ウナギを食べて夏を乗り切りたいですね。

ウナギは縁起物というだけでなく、
ビタミンA・B群が豊富で夏バテのみならず、
夏かぜ防止の効果が期待できるので食べておきたいものです。

しかし近年のうなぎの値段は高騰するばかりで、
なかなか手がでませんよね。

そんな時、市販のうなぎの蒲焼のタレを使って、
穴子やイワシや茄子や竹輪などで蒲焼を作り、
気分だけでも味わってみるのはいかがでしょうか。

妊娠中で、レチノールの摂り過ぎに気を付けたい方にも
おすすめです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。