出産祝いの相場と渡し方とは?

スポンサードリンク

出産祝いの金額は幾らが相場?渡すタイミングは?

出産祝い兄弟、親戚、友達、同僚と近しい人に赤ちゃんが産まれたら、
お祝いを準備しなくちゃと思います。

しかし、いざとなると相手によっては
出産祝いの金額や内容に悩んでしまいますよね。

そこで、出産祝いの相場や渡し方についてまとめてみました。

出産祝いの金額は幾らが相場?

出産祝いとは、家族や友人・知人に
赤ちゃんが無事に誕生した事をお祝いして
金品を贈る事をいいます。

贈るものの基本は、
赤ちゃんのいる生活に必要なものです。

何を贈るかは、年代や社会的立場や、
贈る相手との関係性や親密度によっても変わってきますが、
出産という一大イベントを終えたばかりの相手に
負担にならないように心掛けるのが一番重要です。

一般的に出産祝いを現金で贈る場合の相場は、
3000円~15000円です。

現金で渡す場合は、
5000円か10000円で、
プラス品物を贈るケースが多いです。

贈る相手により、内容は以下の通りです。

とても仲の良い親友の場合の予算は、10000円~15000円。
内容は、現金か商品券に加えて、ベビー服やおもちゃを贈る事が多いです。

ちょっとした友人の場合の予算は、3000円~5000円。
内容は、現金よりも商品券やギフトセット、おもちゃを贈る事が多いです。

会社の同僚の場合の予算は、3000円~5000円。
内容は、現金で5000円贈る事が多いですが、
おもちゃやベビーグッズのプレゼントも多いです。

会社の上司の場合の予算は、5000円~10000円。
内容は、5000円程度のギフトセットやカタログギフトを
贈る事が多いです。

また、同じ課やチームで一人2~3000円集めて
まとめて渡す場合も多いので、会社の伝統に従いましょう。

兄弟・姉妹の場合の予算は、10000円~30000円。
内容は、プレゼンとのみの場合10000円~15000円が相場で、
身内ですので相手の欲しいものを聞いてから贈るといいでしょう。

私の場合は、弟からhuggyhuggyの抱っこ紐をもらい、
義兄からはビデオカメラをいただきました。

どちらも私たちがリクエストした欲しかったもので、
義兄も弟も悩まずに済んだと喜んでくれました。

貰う側と渡す側の趣味が違う場合がありますので、
思い切って何が欲しいか聞くか、
聞けない場合は現金か商品券が無難といえるでしょう。

あまり親しくない職場の同僚にはどうする?

プライベートではあまり親しくしていない
産休中の職場の同僚が出産したと
社内伝達で聞いた場合、正直悩みます。

その同僚が産休明けに仕事に復帰し、
また毎日顔を合わせることになり、
業務を円滑に行うためにも
お祝いした方が良いと私は思います。

お祝いを渡した方が良いのかどうか迷うくらいの同僚なら、
金額にして1000円~5000円程度の
プレゼントを渡すことをおすすめします。

最近の定番はおむつケーキです。

おむつケーキとは、
赤ちゃんの紙おむつをデコレーションケーキのように束ねて
ぬいぐるみやリボンなどで装飾したものです。

全て使えるものでできているので実用的ですし、
好みがわからなくても気軽に贈る事ができます。

また、ケーキ型ではなくお寿司型をした、おむつ寿司や、
おむつではなく肌着やおしりふきなどで作られた商品もあり話題です。

職場の同僚に出産祝いを渡す場合、
何人かでまとまって高価なものを贈ることもありますが、
“内祝い”のお返しの際にかえって気を遣わせてしまうので注意が必要です。

よほど親しくない限り、
わざわざ訪問してまでお祝いを渡さなくていいでしょう。

贈り物は自宅に配送するか、
個人的に仲の良い同僚に代表として渡してもらうか、
会社であった時に渡すのがいいでしょう。

出産祝いを渡すタイミングは?

出産祝いを渡すタイミングは、
必ず無事元気に生まれた~の報告を受けてから渡しましょう。

一般的には、生後7日~お宮参りする生後1ヵ月の間に渡します。

しかし最近では、出産後1週間近く入院していることも多いので、
お家へ伺う場合は、生後2週間~3週間がよいとされています。

中には、そのまま実家に数ヶ月帰ってしまう人もいて、
いつ帰ってくるかわからないので、
入院中の少し落ち着いた4~5日あたりに連絡し、
そのお見舞いと一緒に病院にお祝いを持っていくことが多くなっています。

とはいえ産後のお母さんは、精神的にも肉体的にもかなり疲れています。

まずは先方の都合を聞くのが第一です。

産まれたばかりの赤ちゃんに会う時には、
直前に手洗いうがいをして、ばい菌を移さないように注意しましょう。

赤ちゃんに触らせてもらう時は、
優しく、丁寧に、揺さぶったりしないように気を付けましょう。

くれぐれも長居をしないようにして、
お母さんや赤ちゃんに無理をさせない配慮も必要です。

私の場合は、出産直後でも
仲の良い友人や親兄弟の見舞いは気晴らしになったし、
赤ちゃんをを見せたくて仕方なかったので
みんなが来てくれてとても嬉しかったです。

しかし、義父母や義兄の訪問には
どっと疲れを感じましたのは私だけでしょうか・・・

お祝いの渡し方は、
直接渡す方法と
配送で渡す方法があります。

②配送で品物を送る場合は、
出産から1か月以内を目安に送ります。

里帰りしている場合は、実家に贈るよりも、
自宅に戻ったのちに届くように手配した方が親切です。

また配送前に相手に連絡をして、
配送されることを伝えるのも忘れないようにしましょう。

②配送で現金を送る場合は、
ご祝儀袋に現金を入れて現金書留で送りましょう。

送る時には、手書きの手紙やカードを添えると更に喜ばれます。

まとめ

お祝いの金額や、渡す時期のマナーを守るのは
人間関係を守る上で大切です。

お見舞いや訪問は、
赤ちゃんや、出産したママにとって一番良いタイミングで、

お祝い金額は、渡す方にとっても、
お返しをする方にとっても、無理のない額が望ましいです。

なにより新しい家族が増えたこの上ない喜びを分かち合うことが
一番のお祝いになるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。